THE KYIV INDEPENDENT

KI logo

https://kyivindependent.com/

ウクライナ側からのニュース・プロパガンダ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

The New York Times The Spy War: How the CIA Secretly Helps Ukraine Fight Putin

Yahoo! news
https://news.yahoo.com/nyt-cia-network-bases-ukraine-123116608.html


G翻訳
https://news-yahoo-com.translate.goog/spy-war-cia-secretly-helps-172754832.html?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp


スパイ戦争: CIAはどのようにウクライナとプーチンとの戦いを密かに支援しているか

2017年7月7日、ドイツのハンブルクで開催された20カ国・地域首脳会議でロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談するドナルド・トランプ大統領(右)。(スティーブン・クロウリー/ニューヨーク・タイムズ)
2017年7月7日、ドイツのハンブルクで開催された20カ国・地域首脳会議でロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談するドナルド・トランプ大統領(右)。(スティーブン・クロウリー/ニューヨーク・タイムズ)

うっそうとした森の中に佇むウクライナ軍事基地は放棄され破壊されたように見え、その司令部は燃え尽きた抜け殻であり、戦争初期にロシアのミサイルによる集中砲火で犠牲となったものである。

しかし、それは地上の話。

それほど遠くないところに、目立たない通路が地下壕に続いており、ウクライナ軍兵士のチームがロシアの偵察衛星を追跡し、ロシア軍司令官間の会話を盗聴している。ある画面では、ウクライナ中部のある地点からロシアの都市ロストフにある標的まで、ロシアの防空網をすり抜け爆発する無人機が通過するルートを赤い線が描いていた。

ニューヨーク・タイムズ紙のニュースレター「The Morning」に登録する

この地下壕は、ロシアの侵攻後の数カ月間に破壊された司令部の代わりに建設され、ウクライナ軍の秘密の中枢である。

もう一つの秘密があります。この基地はほぼ全額が資金提供され、一部の装備は CIA によって賄われています。

「110パーセントだ」と情報軍最高司令官セルヒイ・ドヴォレツキー大将は基地でのインタビューで語った。

数十万人の命を奪った戦争は現在3年目に突入しており、米国とウクライナの諜報協力関係はウクライナの防衛能力の要となっている。CIAやその他の米国諜報機関は、標的を絞ったミサイル攻撃のための情報を提供し、ロシア軍の動きを追跡し、スパイネットワークの支援を支援している。

しかし、このパートナーシップは戦時中に生まれたものではなく、ウクライナだけが受益者であるわけでもない。

それは10年前に根付き、3人のまったく異なる米国大統領の下で、時に大胆なリスクを冒した主要人物によって推し進められ、バラバラに団結してスタートした。これにより、諜報機関がロシアに徹底的に侵害されていると長い間見られていたウクライナが、今日ではクレムリンに対するワシントンの最も重要な諜報パートナーの一つとなった。

ウクライナの森にある盗聴所は、CIAが支援して過去8年間に建設されたスパイ基地ネットワークの一部であり、その中にはロシア国境沿いの12の秘密基地が含まれている。戦前、ウクライナ人は、2014年の民間ジェット旅客機マレーシア航空17便撃墜事件へのロシアの関与を​​証明する傍受を収集することで、アメリカ人に自らの存在を証明した。また、ウクライナ人は、2016年のアメリカ軍機墜落事件に介入したロシア工作員の追跡をアメリカ人が支援することにも協力した。大統領選挙。

2016年頃、CIAは2245部隊として知られるウクライナのエリート特殊部隊の訓練を開始し、CIAの技術者がそれらをリバースエンジニアリングしてモスクワの暗号化システムを解読できるように、ロシアのドローンや通信機器を捕獲した。(部隊の士官の一人は、現在ウクライナの軍事情報を率いる将軍であるキリロ・ブダノフだった。)

そしてCIAはまた、ロシア国内、ヨーロッパ全土、そしてキューバやロシアが大きな存在感を示すその他の場所で活動する新世代のウクライナ人スパイの訓練も支援した。

この関係は深く根付いており、2022年2月のロシア侵攻前の数週間にバイデン政権が米軍関係者を避難させた際、CIA職員はウクライナ西部の遠隔地に留まった。侵攻中、職員らはロシアがどこで攻撃を計画しているかなどの重要情報を伝えた。どの兵器システムを使用するのか。

「彼らがいなかったら、ロシアに抵抗することも、彼らを倒すこともできなかったでしょう」と、当時ウクライナ国内諜報機関SBUの長官だったイワン・バカノフは語った。

この諜報協力の詳細は、その多くがニューヨーク・タイムズによって初めて明らかにされるが、10年間厳重に守られてきた秘密だった。

ウクライナ、米国、欧州の現および元当局者らは200回以上のインタビューで、相互不信から崩壊寸前だったパートナーシップが着実に拡大し、ウクライナを情報収集拠点に変え、ロシアのCIA局よりも多くのロシア通信を傍受したと語った。ウクライナのキエフは当初は対応できるだろう。当局者の多くは匿名を条件に、諜報活動や外交上のデリケートな問題について話し合った。

ロシアが攻勢に転じ、ウクライナが敵陣のはるか後方にスパイを必要とする妨害行為や長距離ミサイル攻撃への依存度を高めている現在、これらの諜報ネットワークはこれまで以上に重要になっている。そして、彼らはますます危険にさらされている。議会の共和党がキエフへの軍事資金提供をやめれば、CIAは規模を縮小しなければならないかもしれない。

ウクライナ指導者らを安心させるため、ウィリアム・バーンズCIA長官は木曜日、侵略以来10回目となるウクライナを極秘訪問した。

当初から、共通の敵であるロシアのウラジーミル・プーチン 大統領が、CIAとそのウクライナのパートナーを結集させた。ウクライナを西側に「失う」ことに執着していたプーチン大統領は定期的にウクライナの政治制度に干渉し、ウクライナをロシアの軌道内に留めると信じられる指導者を厳選していたが、そのたびにそれが裏目に出て、デモ参加者を街頭に追いやった。

プーチン大統領は長年、西側諜報機関がキエフを操作し、ウクライナ国内に反ロシア感情を植え付けていると非難してきた。

欧州高官によると、2021年末ごろ、プーチン大統領はロシアの主要スパイ機関のトップと面会した際、本格的な侵略を開始するか検討しており、そのトップはCIAが英国のMI6と協力して、ウクライナを支配し、対モスクワ作戦の橋頭堡に変えていたのだ。

しかしタイムズの調査では、プーチン大統領とその顧問らが重要な力関係を読み間違えていたことが判明した。CIAはウクライナに進出しなかった。米国当局者は、ウクライナ当局者が信頼できないことを恐れ、クレムリンを刺激することを懸念し、全面的に関与することに消極的な場合が多かった。

しかし、ウクライナ情報当局者の緊密なグループは熱心にCIAに取り入り、徐々にアメリカ人にとって重要な存在になっていった。2015年、当時ウクライナ軍情報部長だったヴァレリー・コンドラティウク大将がCIA副局長との会談に出席し、何の前触れもなく極秘ファイルの山を手渡した。

その最初の部分には、最新のロシアの原子力潜水艦設計に関する詳細な情報を含む、ロシア海軍の北方艦隊に関する秘密が含まれていた。やがて、CIA職員のチームが定期的に書類を詰めたバックパックを抱えて彼のオフィスを出ていくようになった。

「私たちは信頼の条件を作り出す必要があることを理解しました」とコンドラティウク氏は語った。

2016年以降、パートナーシップが深まるにつれて、ウクライナ人はワシントンの不当な警戒とみなされるものにいら立ち、暗殺やその他の致命的な作戦を計画し始めたが、これはホワイトハウスがウクライナ人が同意したと考えていた条件に違反していた。これに激怒したワシントン当局者らは支援を打ち切ると脅したが、彼らは決して応じなかった。

「双方がそれに価値を見出したため、関係はますます強くなった。そして、キエフの米国大使館(私たちの駐屯地であり、ウクライナからの作戦の拠点である)が、ロシアに関する最良の情報、信号、その他すべての情報源となった」と述べた。元米国高官。「私たちはそれを十分に得ることができませんでした。」

これは、すべてがどのように起こったかについての知られざる物語です。

慎重な始まり

ウクライナにおけるCIAの協力関係は、ロシアの本格侵攻の8年前、2014年2月24日の夜の2回の電話にまで遡ることができる。

数百万人のウクライナ人が親クレムリン政府を制圧したばかりで、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領とそのスパイ幹部らはロシアに逃亡していた。混乱の中で、脆弱な親西側政府が急速に権力を掌握した。

政府の新しいスパイ長官ヴァレンティン・ナリバイチェンコ氏が国内諜報機関の本部に到着すると、中庭でくすぶっている文書の山を発見した。内部のコンピューターの多くは消去されていたか、ロシアのマルウェアに感染していました。

「空いてましたよ。ライトはありません。リーダーシップがない。そこには誰もいなかった」とナリバイチェンコはインタビューで語った。

彼はオフィスに行き、CIA局長とMI6の現地責任者に電話した。真夜中近くだったが、彼は彼らを建物に呼び、政府を根本から立て直すための協力を求め、三者提携を提案した。「それがすべての始まりだった」とナリバイチェンコは語った。

状況は急速に危険なものになりました。プーチン大統領はクリミアを占領した。彼の代理人は分離主義者の反乱を扇動し、国の東部で戦争になることになった。ウクライナは戦時態勢にあり、ナリバイチェンコ氏は領土防衛に役立つ上空からの画像やその他の情報提供をCIAに訴えた。

暴力が激化する中、当時CIA長官だったジョン・ブレナンを乗せたノーマークの米政府専用機がキエフの空港に着陸した。米国とウクライナの当局者らによると、同氏はナリバイチェンコに対し、CIAは関係発展に関心があるが、CIAが満足できるペースでのみであると語ったという。

CIAにとって未知の問題は、ナリバイチェンコと親西側政府がいつまで存続するかということだった。CIAは以前にもウクライナで焼き討ちに遭っていた。

1991年のソ連崩壊後、ウクライナは独立を獲得した後、モスクワとの接近を望む勢力と西側諸国との連携を望む勢力という、対立する政治勢力の間で揺れ動いた。ナリバイチェンコ氏はスパイ長官としての以前の任期中に、CIAと同様の提携関係を始めたが、国がロシアに傾いた際に解消された。

さて、ブレナン氏は、CIAの支援を解除するには、ウクライナ人がアメリカ人に価値のある情報を提供できることを証明する必要があると説明した。彼らはまた、ロシアのスパイを粛清する必要もあった。国内のスパイ機関であるSBUは彼らでいっぱいだった。(好例: ロシア人はブレナン氏のおそらく秘密訪問についてすぐに知った。クレムリンのプロパガンダ媒体は、ピエロのかつらと化粧をしたCIA長官のフォトショップ加工された画像を公開した。)

ブレナン氏はワシントンに戻ったが、当時のバラク・オバマ大統領の顧問らはロシアを刺激することを深く懸念していた。ホワイトハウスはウクライナ国民を激怒させ、CIA内部の一部は手錠だと考えた秘密規則を作成した。この規則は、諜報機関が致命的な結果をもたらすことが「合理的に予想される」可能性のあるウクライナへの支援を提供することを禁止した。

その結果、微妙なバランスをとることになりました。CIAはロシアを刺激することなくウクライナの諜報機関を強化するはずだった。レッドラインは決して明確ではなく、それがパートナーシップに持続的な緊張を生み出しました。

キエフでは、ナリヴァイチェンコは長年の側近コンドラティウクを対諜報部長に抜擢し、CIAやMI6が提供しない作戦の実施や情報収集のために敵陣の背後に配備される新たな民兵部隊を創設した。

第5総局として知られるこの部隊は、ウクライナが独立した後に生まれた将校で構成されることになる。

「彼らはロシアとは何の関係もなかった」とコンドラティウク氏は語った。「彼らはソ連が何なのかさえ知りませんでした。」

その夏、アムステルダム発マレーシアのクアラルンプール行きマレーシア航空17便が空中爆発してウクライナ東部に墜落し、乗客乗員約300人が死亡した。第5総局は墜落から数時間以内に電話傍受やその他の情報を提供し、責任はすぐにロシアの支援を受けた分離主義者にあるとされた。

CIA は感銘を受け、第 5 総局と他の 2 つのエリート部隊のメンバーに安全な通信機器と専門訓練を提供するという、初めての有意義な取り組みを行いました。

「ウクライナ人は魚を望んでいたが、政策上の理由から、我々はその魚を届けることができなかった」と元米当局者は、ロシアとの戦いに役立つ可能性のある情報について言及した。「しかし、私たちは喜んで彼らに釣りの仕方を教え、フライフィッシングの道具を届けることができました。」

秘密のサンタさん

2015年の夏、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は国内サービスを刷新し、CIAの信頼できるパートナーであるナリバイチェンコ氏に代わる同盟者を設置した。しかし、この変化は別の場所にチャンスを生み出しました。

人事異動で、コンドラティウク氏はHURとして知られる同国の軍事情報機関の長官に任命され、その数年前に同機関でキャリアをスタートさせた。これは、政策の変更以上に、個人的な絆によってCIAのウクライナへの関与がどのように深まるのかを示す初期の例となるだろう。

国内機関とは異なり、HURはロシアを含む国外で情報を収集する権限を持っていた。しかし、アメリカ人はこの機関を育成することにほとんど価値を感じていなかった。なぜなら、この機関はロシア人に関する価値ある情報を何ら提供していなかったからだ。また、この機関はロシアシンパの砦と見なされていたからだ。

信頼関係を築こうとして、コンドラティウク氏は国防情報局の米国側との会談を手配し、ロシアの機密文書の束を手渡した。しかし、DIA高官らは疑念を抱いており、より緊密な関係を築くことに消極的だった。

将軍はもっと意欲的なパートナーを見つける必要がありました。

数か月前、まだ国内機関に所属していたコンドラティウク氏はバージニア州ラングレーのCIA本部を訪れた。それらの会合で、彼は陽気な態度とふさふさしたひげを生やした、キエフの次期署長に抜擢されたCIA職員に出会った。

長い一日の会議の後、CIAはコンドラティウクをワシントン・キャピタルズのホッケーの試合に連れて行き、そこで彼と次期局長は豪華なボックスに座り、ロシア出身のチームのスター選手であるアレックス・オベチキンに大ブーイングをした。

コンドラティウク氏がロシア海軍に関する機密文書をCIAに引き渡したとき、署長はまだ到着していなかった。「これの出所は他にもある」と彼は約束し、文書はラングレーのアナリストに送られた。

アナリストたちは文書が本物であると結論付け、局長がキエフに到着した後、CIAはコンドラティウクの主要パートナーとなった。

コンドラティウクは、自身の機関を強化するために CIA が必要であることを知っていた。CIAは将軍ならラングレーも助けられるかもしれないと考えた。事件担当官が厳しい監視下にあったため、ロシア国内でスパイを採用するのに苦労した。

「ロシア人にとって、アメリカ人にスカウトされることを許すことは、絶対的かつ究極の裏切りと反逆罪を犯すことになる」とコンドラティウク氏は語った。「しかし、ロシア人がウクライナ人にスカウトされるのは、ビールを飲みながら友達同士で話しているだけだ。」

新しい署長は定期的にコンドラティウクを訪れるようになった。彼のオフィスには、ウクライナの国色である黄色と青の魚がロシアの沈没潜水艦の模型の周りを泳ぐ水槽が飾られていた。二人は親密になり、それが両機関の関係を促進し、ウクライナ人は新しい署長に愛情を込めて「サンタクロース」というあだ名を付けた。

2016年1月、コンドラティウク氏はバージニア州のCIAキャンパス内にあるスキャッターグッドでの会合のためワシントンに飛んだ。同局は頻繁に高官の訪問を歓迎している。同機関はHURの近代化を支援し、ロシアの軍事通信を傍受する能力を向上させることに同意した。その見返りに、コンドラティウクは生の情報をすべてアメリカ人と共有することに同意した。

これでパートナーシップは本物になりました。

金魚作戦

現在、秘密基地に通じる狭い道は地雷原で囲まれており、ロシアの侵攻から数週間後に防衛線として設置された。ロシアのミサイルが基地を攻撃し、基地は閉鎖されたかに見えたが、わずか数週間後にウクライナ人が戻ってきた。

CIAから資金と装備が提供され、ドヴォレツキー指揮下の乗組員は再建を始めたが、地下での活動だった。探知を避けるため、彼らは夜間、かつロシアの偵察衛星が頭上にないときにのみ活動した。作業員らも建設現場から離れた場所に車を駐車した。

ドヴォレツキー氏は地下壕内に通信機器と大型コンピューターサーバーがあり、その一部はCIAが資金提供したものだと指摘した。同氏のチームはロシア軍の安全な通信ネットワークをハッキングするために基地を利用していた、と述べた。

「これは衛星に侵入して秘密の会話を解読するものだ」とドヴォレツキー氏はツアー中のタイムズ記者に語り、中国やベラルーシのスパイ衛星もハッキングしていると付け加えた。

別の警察官は、ウクライナが世界中でロシアの活動をどのように追跡しているかを示す証拠として、最近作成された2枚の地図をテーブルの上に置いた。

1つ目は、ウクライナ中央部上空を移動するロシアの偵察衛星の上空ルートを示した。2つ目は、ロシアの偵察衛星が米国東部と中部にある核兵器施設を含む戦略的軍事施設の上空を通過する様子を示した。

ドヴォレツキー氏によると、CIAはスキャッターグッドでの極めて重要な会議後の2016年に装備品の送付を開始し、敵の秘密通信を傍受するための暗号化された無線機や装置を提供したという。

CIAは基地以外にも、ヨーロッパの2都市で実施された訓練プログラムを監督し、ウクライナ諜報員に説得力を持って偽のペルソナを演じ、ロシアやスパイ排除に長けている他の国々で機密を盗む方法を教える。このプログラムは「金魚作戦」と呼ばれ、自由と引き換えに2つのエストニア人の願いを捧げるロシア語を話す金魚についてのジョークに由来している。

オチは、エストニア人の一人が魚の頭を石で叩き、ロシア語を話すものは信用できないと説明したというものだった。

金魚作戦の士官はすぐに、ロシア国境沿いに建設された12の新しく建設された前方作戦基地に配備された。コンドラティウク氏によると、ウクライナ将校らは各基地からロシア国内の情報を収集する工作員のネットワークを運営していたという。

CIA職員は情報収集を支援するための機器を基地に設置し、また「金魚作戦」プログラムの最も熟練したウクライナ人卒業生を特定し、彼らと協力して潜在的なロシア情報源に接近した。これらの卒業生はその後、占領された場合にゲリラ作戦を開始することを目的としたスリーパーエージェントをウクライナ領土で訓練しました。

CIA が外国機関に対して十分な信頼を築き、共同作戦を開始できるようになるまでには、多くの場合何年もかかります。ウクライナ人の場合は6か月もかからなかった。この新たな提携により、ロシアに関する生の情報が大量に生成され始めたため、処理のためにラングレーに輸送する必要があった。

しかし、CIAには越えてはならない一線があった。それはウクライナ人が攻撃的な致死作戦を遂行するのには役立たないだろう。

「私たちは情報収集活動とブームになるものとを区別した」と元米国高官は語った。

「ここは私たちの国です」

それはウクライナ人にとって痛ましい差別だった。

まず、コンドラティウク氏は、アメリカ側がロシア国内からの衛星画像の提供を拒否したことに腹を立てた。その直後、彼はロシア軍が使用する車両基地に爆発物を仕掛けるためにHUR特殊部隊をロシアに派遣するという極秘任務の計画においてCIAの支援を要請した。ロシア軍がさらにウクライナ領土を占領しようとした場合、ウクライナ人が爆発物を爆発させてロシアの進軍を遅らせる可能性がある。

ある元職員が語ったように、署長が上司らに説明を行ったとき、彼らは「正気を失った」という。ブレナンCIA長官はコンドラティウクに電話し、任務が中止されることと、ウクライナが致死作戦を禁じる越えてはならない一線を遵守していることを確認した。

コンドラティウクは任務をキャンセルしたが、別の教訓も得た。「今後、私たちは皆さんとこのようなことについて話し合わないように努めました」と彼は語った。

その夏の終わり、ウクライナのスパイは、おそらく奇襲攻撃を行うために、ロシア軍が占領下のクリミア半島の飛行場に攻撃ヘリコプターを配備していることを発見した。

コンドラティウク氏は、ロシアが攻撃に移った場合に爆破できるよう、飛行場に爆発物を設置するためチームをクリミアに派遣することを決定した。

今回、彼はCIAに許可を求めなかった。彼は、地上局として知られるCIAのエリート民兵組織から特殊な軍事訓練を受けた特殊部隊である部隊2245に目を向けた。訓練の目的は防御技術を教えることであったが、CIA職員はウクライナ人が知らないうちに同じ技術を攻撃的致死作戦に使用できることを理解していた。

当時、将来ウクライナ軍事情報局長官となるブダノフ氏は、第2245部隊の新星だった。彼は敵陣背後での大胆な作戦で知られ、CIAと深いつながりを持っていた。同庁は彼を訓練し、ドンバスでの戦闘中に右腕を撃たれた後、リハビリのためにメリーランド州のウォルター・リード国立軍事医療センターに送るという異例の措置も講じた。

ロシア軍の制服に変装した当時中尉。ブダノフ大佐は特殊部隊を率いてゴム製のスピードボートで狭い湾を渡り、夜にクリミアに上陸した。

しかし、ロシアの精鋭特殊部隊が彼らを待ち受けていた。ウクライナ側は反撃し、将軍の息子を含む数人のロシア戦闘員を殺害した後、海岸線に後退し、海に飛び込み、ウクライナ支配地域ま​​で数時間泳いだ。

それは災害だった。プーチン大統領は演説でウクライナ人がテロ攻撃を計画していると非難し、ロシア戦闘員の死への復讐を約束した。

「私たちがこれらのことを見逃さないことに疑いの余地はありません」と彼は言った。

ワシントンではオバマ大統領のホワイトハウスが激怒した。当時副大統領でウクライナ支援の擁護者だったジョー・バイデン氏は、ウクライナ大統領に電話して怒って抗議した。

バイデン氏は電話会談で「これは巨大な問題を引き起こす」と述べ、その録音が流出してネット上に公開された。「友人として私があなたに言いたいのは、ここで議論するのが今では非常に難しくなっているということだけです。」

オバマ大統領の顧問らの一部はCIAプログラムを閉鎖したいと考えていたが、CIAがロシアの選挙介入を捜査している中でロシアとの関係がロシアに関する情報を生み出し始めていたことを考慮すると、そうすることは自滅的だとブレナンは彼らを説得した。

ブレナン氏はコンドラティウク氏に電話して、赤い線を再度強調した。

将軍は動揺した。同僚によると、彼は「ここは私たちの国だ」と答えたという。「これは私たちの戦争であり、戦わなければなりません。」

ワシントンからの反撃でコンドラティウク氏は職を失った。しかし、ウクライナは引き下がらなかった。

コンドラティウクが排除された翌日、ウクライナ東部のロシア占領下のドネツク市で謎の爆発が起こり、モトローラという愛称で知られるアルセン・パブロフというロシア分離主義者の上級司令官が乗ったエレベーターが破壊された。

CIAはすぐに、暗殺者たちがCIAの訓練を受けたスパイ集団である第5総局のメンバーであることを知った。ウクライナ国内の諜報機関は関係者に、イギリスのエレベーターを意味する「Lift」という言葉が縫い付けられた記念のワッペンさえ配布していた。

ここでもオバマ大統領の顧問の一部は激怒したが、彼らはレームダックであり、ドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏を争わせる大統領選挙は3週間後に迫っており、暗殺は続いた。

ウクライナ工作員チームが占領地の建物内に無人の肩から発射するロケットランチャーを設置した。それは、ジヴィとして知られるミハイル・トルスティフという反乱軍司令官の事務所の真向かいにあった。米国とウクライナの当局者らによると、彼らは遠隔引き金を使ってジビ氏のオフィスに入るとすぐにランチャーを発射し、ジビ氏を殺害した。

影の戦争が激化していました。ロシア人は自動車爆弾を使用して、ウクライナの精鋭特殊部隊である第2245部隊の責任者を暗殺した。司令官のマクシム・シャポヴァル大佐は、キエフでCIA職員と会談する途中に車が爆発した。

大佐の通夜では、駐ウクライナ米国大使のマリー・ヨバノビッチがCIA局長の隣で追悼の意を表した。その後、CIA職員とウクライナ側職員らがシャポバル氏にウイスキーショットで乾杯した。

「私たち全員にとって、それは衝撃でした」とコンドラティウクは語った。

トランプ大統領の周りを忍び寄る

2016年11月のトランプ大統領の当選により、ウクライナ人とCIAのパートナーは危機に陥った。

トランプ大統領はプーチン大統領を称賛し、選挙介入におけるロシアの役割を否定した。同氏はウクライナに疑念を抱いており、後にウォロディミル・ゼレンスキー大統領に民主党のライバルであるバイデン氏を捜査するよう圧力をかけようとした結果、トランプ氏初の弾劾につながった。

しかし、トランプ大統領が何を言おうと何をしようと、彼の政権はしばしば別の方向に進んだ。トランプ大統領がマイク・ポンペオ氏をCIA長官に、ジョン・ボルトン氏を国家安全保障担当補佐官に任命するなど、ロシア強硬派を要職に据えていたからだ。両首脳はキエフを訪問し、より専門的な訓練プログラムや追加の秘密基地の建設を含む秘密パートナーシップへの全面的な支持を強調した。

森の中の基地は新しい司令センターと兵舎を含むまでに成長し、ウクライナ諜報員の数は80人から800人に膨れ上がった。この時期、将来の米国選挙へのロシアの介入を阻止することがCIAの最優先事項であり、ウクライナと米国の諜報員が協力してロシア情報機関のコンピュータシステムを調査し、有権者を操作しようとする工作員を特定した。

ある共同作戦では、HURチームがロシア軍諜報機関の職員をだまして情報を提供させ、CIAがロシア政府を、多くの国での選挙干渉活動に関与していたいわゆるファンシーベア・ハッキンググループに結びつけることを可能にした。 。

ゼレンスキー大統領が2020年にHURのリーダーに指名したブダノフ氏は、このパートナーシップについて次のように述べた。計画的に成長していきました。協力はさらなる領域に拡大し、より大規模なものになりました。」

この関係は非常に成功していたので、CIAはロシアへの対抗に焦点を共有する他のヨーロッパの諜報機関ともそれを再現したいと考えた。

ロシアに対する作戦を監督するCIA部門であるロシア・ハウスの長官は、ハーグで秘密会議を開催した。そこでは、CIA、イギリスのMI6、HUR、オランダ軍(重要な諜報同盟国)およびその他の機関の代表者が、ロシアに関する情報をより多く集め始めることに同意した。

その結果、対ロシア秘密連合が結成され、ウクライナ人はその重要なメンバーとなった。

戦争への行進

2021年3月、ロシア軍はウクライナとの国境沿いに兵力の集結を開始した。数か月が経過し、より多くの軍隊が国を包囲するにつれ、問題はプーチンが陽動をしているのか、それとも戦争の準備をしているのかということであった。

同年11月とその後の数週間で、CIAとMI6はウクライナのパートナーに統一メッセージを伝えた。ロシアは政府の首を切り落とし、クレムリンの命令に従う傀儡をキエフに設置するための本格的な侵攻の準備をしているというものだ。

米当局者らによると、米英情報機関はウクライナ情報機関がアクセスできなかった傍受を行っていた。新しい諜報機関は、ロシアが殺害または捕獲を計画していたウクライナ当局者の名前と、クレムリンが権力の座に就くことを望んでいたウクライナ人の名前をリストアップした。

2022年1月にバーンズCIA長官がキエフに急行して説明を受けた後でも、ゼレンスキー氏と一部の最高顧問らは納得していない様子だった。

ロシアの侵攻が近づくと、CIAとMI6の職員はウクライナ人の同僚らとともにキエフを最後の訪問した。M16士官の一人は、ロシア人に殺されるのではないかとの懸念から、ウクライナ人の前で涙を流した。

バーンズ氏の勧めで、CIA職員の小グループが米国の広範な避難から免除され、ウクライナ西部のホテル複合施設に移住させられた。彼らはパートナーを見捨てたくなかったのです。

エンドゲームなし

2022年2月24日にプーチン大統領が侵攻を開始した後、現地に駐在した米国政府の唯一の職員はホテルにいたCIA職員だった。彼らは毎日ホテルでウクライナ人の連絡先と会い、情報を伝えた。古い手錠は外れ、バイデン大統領はウクライナ領内でのロシア軍に対する致死作戦への諜報支援をスパイ機関に許可した。

多くの場合、CIA のブリーフィングには驚くほど具体的な詳細が含まれていました。

2022年3月3日、開戦8日目、CIAチームは今後2週間のロシアの計画の正確な概要を発表した。ロシア軍は同日、包囲された都市マリウポリから人道回廊を開設し、そこを利用したウクライナ人に発砲する予定だった。

CIAによると、ロシア軍は戦略上の港湾都市オデサを包囲する計画を立てたが、嵐のために攻撃が遅れ、ロシア軍は同市を占領することはなかった。そして3月10日、ロシアはウクライナの6都市を砲撃するつもりで、すでにその攻撃に向けて巡航ミサイルの座標を入力していた。

ロシア人はまた、ゼレンシキー氏を含むウクライナ高官の暗殺を試みていた。ウクライナ高官によると、少なくとも1つの事件で、CIAは大統領に対する陰謀を阻止するのに役立つ情報をウクライナ国内機関と共有した。

同室にいたウクライナ人将校によると、キエフに対するロシアの攻撃が停滞すると、CIA局長はウクライナ側の局員に喜び、「ロシア人の顔を殴っている」と語ったという。

数週間以内にCIAはキエフに戻り、ウクライナ人を支援するために多数の新しい職員を送り込んだ。米国高官はCIAの巨大な存在について「彼らは引き金を引いているのだろうか?」と語った。いいえ、ターゲティングに役立っていますか? 絶対に。”

CIA職員の一部はウクライナの基地に派遣された。彼らは、ウクライナ人が攻撃の準備をしている潜在的なロシアの標的のリストを検討し、ウクライナ人が持っている情報を米国の諜報機関と比較して、それが正確であることを確認した。

侵攻前に、CIAとMI6はウクライナの対応者に対し、情報源を募集し、秘密かつ党派的なネットワークを構築する訓練を行っていた。コンドラティウク氏によれば、戦争の最初の数週間にロシアが占領した南部ヘルソン地域では、こうしたパルチザンネットワークが活動を始め、地元の協力者を暗殺し、ウクライナ軍がロシアの陣地を狙うのを支援したという。

2022年7月、ウクライナのスパイはロシアの船団がドニエプル川にかかる戦略的な橋を渡ろうとしているのを目撃し、MI6に通報した。その後、英国と米国の情報当局者は、リアルタイムの衛星画像を使用してウクライナの情報を迅速に検証した。MI6が確認を中継すると、ウクライナ軍がロケット弾を発砲し、輸送船団を破壊した。

ドヴォレツキー氏は地下バンカーで、現在ドイツの対空システムがロシアの攻撃を防御していると語った。空気濾過システムが化学兵器を防ぎ、送電網がダウンした場合には専用の電力システムが利用可能です。

下院共和党が数十億ドルの援助を打ち切るかどうか検討している中、一部のウクライナ情報機関職員が現在米国の情報機関職員に尋ねている疑問は、CIAが彼らを見捨てるかどうかだ。ウクライナのある高官は「以前にもアフガニスタンで同じことが起きたが、今度はウクライナでも起きるだろう」と語った。

バーンズ氏の先週のキエフ訪問に言及し、CIA当局者は「われわれは長年にわたってウクライナへの明確なコミットメントを示してきたが、今回の訪問は米国のコミットメントが継続することを示すもう一つの強力なシグナルとなった」と述べた。

CIAとHURは、ロシアの通信を傍受するために他の2つの秘密基地を建設しており、コンドラティウクによればまだ運用されている12の前方作戦基地と組み合わせると、HURは現在、戦争中のどの時点よりも多くの情報を収集し、生成している。それをCIAと共有している。

「このような情報はどこからも入手できません。今、ここを除いては」とドヴォレツキー氏は語った。

2024年頃 ニューヨーク・タイムズ社

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニューヨーク・タイムズは昨日、CIAがウクライナに「12の秘密スパイ基地」を建設し、過去10年間ロシアに対して影の戦争を仕掛けていたことを明らかにした

https://x.com/KanekoaTheGreat/status/1762199551031787734?s=20

🚨ニューヨーク・タイムズは昨日、CIAがウクライナに「12の秘密スパイ基地」を建設し、過去10年間ロシアに対して影の戦争を仕掛けていたことを明らかにした。 米国の支援による暴力クーデターで民主的に選ばれたウクライナ政府が崩壊した後、ジョン・ブレナンCIA長官は2014年4月にキエフを訪問した。 その直後、ウクライナ新政府はウクライナ東部でロシア語を話す国民に対する「対テロ作戦」を開始した。 2022年のロシア侵攻までの8年間、ウクライナ政府はCIAの支援を受けてウクライナ東部を容赦なく爆撃した。 何百万もの罪のない民間人が、ロシアと米国の間の地政学的なチェスの試合の十字砲火に巻き込まれた。 これは西側の報道機関によって無視されることが多い話の一部です。

原典: New York Times
The Spy War: How the C.I.A. Secretly Helps Ukraine Fight Putin
https://www.nytimes.com/2024/02/25/world/europe/cia-ukraine-intelligence-russia-war.html


INSIDER TODAY
CIAとウクライナの10年にわたる秘密パートナーシップは、ロシアに対する致死作戦にとって極めて重要だった:NYT
ロイド・リー  2024 年 2 月 26 日、午後 1 時 31 分(日本時間)
https://www.businessinsider.com/cia-ukraine-russian-intelligence-lethal-operations-nyt-2024-2?op=1
G翻訳
https://www-businessinsider-com.translate.goog/cia-ukraine-russian-intelligence-lethal-operations-nyt-2024-2?op=1&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

  • 10年前、CIAはロシアに関する情報収集を支援するために慎重にウクライナと提携した。
  • NYTによると、当局は当初、ウクライナによる致死作戦の実行には協力しないと明言していた。
  • 報告書によると、2022年にロシアがウクライナに侵攻して以来、これらの境界線は撤去されたという。

ニューヨーク・タイムズ紙の新たな報道によると、ウクライナはロシアの重要情報を収集し、最近では戦争中に致死作戦を実行するために、10年に渡るCIAとの秘密提携に依存してきた。

この提携は2014年2月まで遡り、過去8年間にウクライナに情報収集訓練、通信機器、そしてロシア国境沿いに構築されたスパイ基地のネットワークを提供してきたと報告書は述べている。

CIA報道官はこの報告書に関するコメント要請にすぐには応じなかった。

この提携は、ウクライナにとって親クレムリン派のヴィクトル・ヤヌコビッチ大統領が失脚し、ロシアがまもなくクリミアを併合するという危機の年に始まった。
広告

タイムズの報道によると、ウクライナ治安局長官ヴァレンティン・ナリヴァイチェンコ氏は、ロシアがウクライナに侵攻するちょうど8年前の2014年2月24日に、ウクライナの情報機関を再建するために初めてCIAとイギリスのMI6に支援を求めた。

「それがすべての始まりだった」とナリバイチェンコ氏はタイムズ紙に語った。

タイムズ紙の報道によれば、CIAはウクライナの情報機関が米国にとって資産となり得ることに気づき、当初は通信供給と訓練という形でウクライナを支援することに同意したという。

しかし、スパイ機関はまた、ロシアを刺激する国境を越えたくなかったこともあり、この提携については懸念を抱いていた。タイムズ紙の報道によると、CIAはウクライナが敵対者に対して致死作戦を実行するのを支援しないと明言した。
広告

「私たちは情報収集活動とブームになるものとを区別した」と元米国高官はタイムズ紙に語った。

報告書によると、2022年2月にロシアがウクライナに侵攻した後、これらの境界線は放棄されたという。

報告書によると、バイデン政権はウクライナの対ロシア破壊作戦に重要な情報を提供するようCIAにゴーサインを出したという。

報告書によると、情報の一部には、ロシア軍がウクライナの6都市を攻撃する正確な時期や、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領を含むウクライナ高官に対する暗殺計画などが含まれていたという。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

(再掲)ハザール・マフィアの隠された歴史

Preston James博士『信じられないほど邪悪なハザールマフィアの隠された歴史』

創造デザイン学会さんのサイトで秀逸な翻訳がある

信じられない悪の集団ハザール・マフィアの隠された歴史
その1
https://www.dcsociety.org/2012/info2012/210210.pdf

その2
https://www.dcsociety.org/2012/info2012/210214.pdf

その3
https://www.dcsociety.org/2012/info2012/210217.pdf

その4
https://www.dcsociety.org/2012/info2012/210220.pdf

補足的解説
https://www.dcsociety.org/2012/info2012/210227.pdf

創造デザイン学会さん ホームページ
https://www.dcsociety.org/

——————————–

【英語原文】
Preston James, Ph.D による有名なサイトが元のようです

”The Hidden History of the Incredibly Evil Khazarian Mafia (Updated)”
http://themillenniumreport.com/2018/06/the-khazarian-mafia-you-dont-know-what-you-dont-know/

G翻訳
https://themillenniumreport-com.translate.goog/2018/06/the-khazarian-mafia-you-dont-know-what-you-dont-know/?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Xファクター優勝者が世界の秘密の宗教を明らかに – アルティヤン・チャイルズ

https://www-youtube-com.translate.goog/watch?v=7Eeo-82Eac8&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

春分点公転周期 25,860 年【コンタクト記録051】

https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_051?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

100. 明らかに、彼は星座時間の中心太陽の周りの軌道の速度変化を知りません。これには地球と星系全体も含まれます。そのため、おそらく 25,860 地球年ではなく、わずか 25,729 年で軌道を計算します。 100. 彼女は、地球と星系全体が分類される恒星時の中心太陽の周りの軌道の速度変化を明らかに認識していません。そのため、彼女はおそらく公転周期を地球の 25,860 年ではなく、わずか 25,729 として計算しています。年。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

セントジャーメイン、サンジェルマンについて コンタクト記録044

ビリーマイヤーコンタクト記録047

https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_044?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

135. サン・ジェルマンの本名はラコツィだったが、アイマールやベトモール侯爵など他の名前も名乗っていた。
136. サン・ジェルマンという名前は、冒険者がサン・ジェルマン伯爵を自称した場合にのみ使用されました。 136. この冒険家は、サン・ジェルマン伯爵という自称の地位を利用してサン・ジェルマンという名前を採用しただけです。
137. 1711 年にコロニアで牡羊座に生まれ、今日ではケルンと呼ばれていますが、彼の起源はポルトガルであると考えられています。 137. 1711年に牡羊座の下にコロニアで生まれ、今日ではケルンと呼ばれていますが、彼はポルトガルの起源を持つと言われています。
138. 彼は 1784 年に 73 歳で亡くなりました。 138. 彼は 1784 年に 73 歳で亡くなりました。
139. 生前、彼は最も偉大な詐欺師、ペテン師、嘘つき、スパイであり、実際、当時世界征服に執着していたドイツの一派に仕え、任務を遂行していた。 139. 生前、彼は最も偉大な詐欺師であり、ペテン師であり、嘘つきであり、スパイであり、当時世界征服に熱中していたドイツの宗派に仕え、その代表を務めていた。
140. 彼は自分自身を千歳であると偽っていましたが、それによって彼はしばしば自分の発言に巻き込まれ、そのため最大300歳の年齢変動が生じました。 140. 彼は自分の年齢が約 1,000 歳であると主張しましたが、彼自身の発言がしばしば混乱し、その結果、最大 300 歳の年齢差が生じました。
141. 彼自身の知能は非常に低かったが、しかし、その膨大な賢さ、狡猾さ、手先の技術、錬金術の知識などによって、それを再び補うことができ、さらには手品において非常に優れた結果を達成することさえできた。その後、彼は魔法の力として消えました。 141. 彼自身は非常に愚かだったが、膨大な狡猾さ、狡猾さと器用さ、そして錬金術の知識などでこれを補うことができ、手品で並外れた成功を収めることさえでき、それは当時彼が魔法であると考えられていた権力。
142. その後、彼はワンダーマンと呼ばれるようになったが、彼が当時最悪の詐欺師であるとは誰も疑わなかった。 142. したがって、彼は奇跡の男と呼ばれ、誰も彼が当時最悪の詐欺師であることを疑うことさえありませんでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

イスラエルひどすぎる!

https://www.bitchute.com/video/scFiBkeRoX3r/

16:47秒

子供の人身売買

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【ALT NEWS】

G翻訳
https://rense-com.translate.goog/?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp


本サイト
https://rense.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

地球の寒冷化 『ロシア 氷河期に備える アメリカ 愚かさへの堕落』

シスター・シアラからの特別レポート
https://www-whatdoesitmean-com.translate.goog/?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

世界の将来に対する皆さんの深い懸念を承知しており、私たちは最近ここで開催された学術会議の結果について皆さんにお知らせする義務があると感じています。 この会議は過去と将来の気候変動を扱い、アメリカとヨーロッパのトップ研究者42名が出席した。 Science 誌に掲載された概要レポートを同封しており、Quaternary 誌にもさらなる出版物が掲載される予定です。

会議の主な結論は、文明人類がこれまでに経験したことよりも桁違いに規模が大きい地球規模の気候悪化が非常に現実的な可能性であり、実際、間もなく到来する可能性があるというものだった。 寒冷化には自然な原因があり、最後の氷河期を引き起こした過程の範疇に属します。 これは主に深海の堆積物に関する最近の研究に基づいた驚くべき結果です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

シャスタ山の宇宙人村

ビリーマイヤー コンタクト記録

https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_039?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

 

260. シャスタ山は、アメリカ、特に北カリフォルニアに部分的に未踏の地域がある古代の火山です。
261. その山は非常に岩が多く、登るのが非常に困難です。 261. 山は非常に険しく、登るのは非常に困難です。
262. 山の内部には小さな都市があり、そこには地球外生命体の子孫が住んでおり、ところどころで宇宙からの宇宙兄弟の訪問も受けています。 262. 山自体の中に小さな町があり、そこには地球外生命体の子孫が住んでおり、彼らもあちこちから同胞たちが宇宙からの訪問を受けています。
263. それは非常に雄大な種族で、平和で善良ですが、地球人に発見されないよう心配そうに努力しています。 263. それは非常に雄大な種族で、平和で善良ですが、地球人に見つからないように心配しています。
264. 彼らの非常に深い地下都市への入り口は、東の山の頂上の下にうまくカモフラージュされており、地球人がそれを見つけることは不可能です。 264. 彼らの非常に深い地下都市への入り口は東の山の頂上の下にうまくカモフラージュされており、地球人がそれを見つけることは不可能です。
265. しかし、もし地球人類がその近くで発見されたとしても、そのとき彼らは、都市住民のほとんどが安全上の理由から携帯しているビーム兵器によって、いつの間にか動けなくなったり、気が散ったりすることになる。 265. しかし、地球人が実際に彼らの近くに来た場合、都市の住民のほとんどが安全上の理由から携行している放射線兵器によって、彼らは気づかれないうちに動けなくなったり、気を散らされたりする。
266. 彼らの球形*の黄金の宇宙船は、宇宙飛行をマスターしているため、視界から保護していないと時々見えることがあります。 266. 彼らの金色の球形の宇宙船は、宇宙旅行を支配しているため、視界から保護しないと時々見えることがあります。
267. この種族の人間は、外見において非常に均整がとれています。 267. この種族の人々は、外見において非常にバランスが取れています。
268. 彼らの髪はほとんどが自然なブロンドで、長く、カールしていて、彼らの優雅なハイパーボリアンの性質に非常によく合っています。 268. 彼女の髪はほとんど自然なブロンドで、長くてカールしていて、彼女の優雅なハイパーボリアンの性質によく合っています。
269. 時々、地球人に対する内気にもかかわらず、彼らは村に入って認識されない物々交換を行い、その後、地球人が近づきすぎると、大急ぎで出発して逃げます。 269. 地球人に対する恐怖にもかかわらず、彼らは時々認識されずに彼らと取引するために彼らの村に入りますが、地球人が彼らに近づきすぎるとすぐに立ち去り、逃げます。
270. しかし、この種族が住んでいるのはシャスタ山だけではありません。なぜなら、すでに非常に早い時期に、彼らは自らを3つの小さな民族に分け、他の2つは認識されずにアリューシャン列島とアラスカの地下深くに住んでいたからです。 270. しかし、この種族が住んでいるのはシャスタ山だけではありません。なぜなら、非常に早い時期に彼らは3つの小さな民族に分かれ、他の2つは認識されずにアリューシャン列島とアラスカの地下深くに住んでいたからです。
271. 全人口はわずか約 700 人です。 271. 現在、全人口はわずか約 700 人です。

(翻訳者注: このような宇宙船のおそらく本物の写真を見るには、次のリンクをクリックしてください: http://www.rense.com/general6/mam.htm ) (翻訳者注: このような宇宙船のおそらく本物の写真を見るには、次のリンクをクリックしてください: https://www.rense.com/general6/mam.htm )

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ファティマの聖母出現

”ファティマの聖母出現”は予言されていた! 自動書記が導いた奇跡の真実/ケイ・ミズモリ
https://web-mu.jp/history/12645/


ビリーマイヤコンタクト記録034
https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_034?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

200. あなたは、ルルドの出現が、子供の頃に自分の力を使って視界に投影したサタンの空想の姿と同じくらい投影であることを経験し、認識しました。
201. そして、もう一つの例として、ファティマの出現はギザの知性たちの邪悪な戯れ以外の何ものでもなかったということもあなたはよく知っています。 彼らは船の 1 つを輝く光の中に出現させ、その後彼らの女性生命体の 1 つがそのように出現したのです。神の御母、女性が宇宙服を着たままであるという間違いを犯しましたが、これは批判的な観察者によって記録されました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ビリーマイヤー 宇宙の外への旅 コンタクト記録031

https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_031?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

カテゴリー: 未分類 | コメントする

世界最高峰はエクアドルの『チンボラソ』

地球の中心からの距離ではチンボラソが約6,384.4km、エベレストが6,382.3kmとなり、約2.1kmチンボラソの方が地球の中心より離れている

ビリーマイヤー氏コンタクト記録031
https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_031?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

asology
https://asology.org/nature/25589/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ビリーマイヤーのコンタクト記録008

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ビリーマイヤーのコンタクト記録007

新しい宇宙船の披露

https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_007?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

カテゴリー: 未分類 | コメントする

関節リウマチも、末期段階にあるエプスタイン・バーウイルスによって引き起こされます

http://blog.livedoor.jp/sagittariun-shinjituwomiru/archives/39765735.html

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Tesla statt Desertec – Prof. Dr.-Ing. Konstantin Meyl

https://youtu.be/Ztt7hcLJEHk?si=WmWw5_CNLx5LMmG1

カテゴリー: 未分類 | コメントする

CIA Name Files

Records of the Central Intelligence Agency (RG 263)
https://www.archives.gov/iwg/declassified-records/rg-263-cia-records
Declassified Documents–RG 263: Name File
https://www.archives.gov/iwg/declassified-records/rg-263-cia-records/first-release-name-files.html

岸信介
https://www.archives.gov/iwg/declassified-records/rg-263-cia-records/second-release-name-files

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

蛍光灯インバータ回路

インバータ専門店 ホズシ工房
http://www.bozushi.jp/index.html

インバータ蛍光灯スタンド修理
http://sejii.blog.fc2.com/blog-entry-425.html

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2022-2-27 ウクライナの危機の見方【コンタクトレポート 794】

https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Contact_Report_794?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

ビリーマイヤー

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カバールの崩壊、または私たちが知っている世界の終わり、さらにカバールの崩壊の続編!

THE FALL OF THE CABAL
https://t.me/JustDudeChannel/9317

犯罪、殺人、マネーロンダリング、カルテル、大逆罪 – それらはすべてあなたの目の前に存在します、ジャネット・オセバードとシンタ・コーター
https://t.me/Fall_of_the_Cabal

· ラビットホールに飛び込みます。これは陰謀論ではなく、過去 20 年以上にわたって収集された事実が、10 部構成の 3 時間のセグメントに凝縮されているだけです。自分の認知的不協和を脇に置いて、過去 1 世紀にわたって自分から隠されてきたものに心を開いてください。この種の研究に慣れていない場合は、注意してください。これは気の弱い人向けではありません。汚職、犯罪、エリートの悪魔的な活動、そして世界を運営するために私たちが選んだ人々を扱います。結局のところ、あなたは悟りを開くでしょう!

・パート1 https://t.me/JustDudeChannel/9298

・パート 2 https://t.me/JustDudeChannel/9299

・パート3 https://t.me/JustDudeChannel/9300

・パート4 https://t.me/JustDudeChannel/9301

・パート5 https://t.me/JustDudeChannel/9302

・パート6 https://t.me/JustDudeChannel/9303

・パート7 https://t.me/JustDudeChannel/9304

・パート8 https://t.me/JustDudeChannel/9305

・パート9 https://t.me/JustDudeChannel/9306

・パート10 https://t.me/JustDudeChannel/9307

・パート11 https://t.me/JustDudeChannel/9308

・パート12 https://t.me/JustDudeChannel/9309

・パート13 https://t.me/JustDudeChannel/9310

・パート14 https://t.me/JustDudeChannel/9311

・パート15 https://t.me/JustDudeChannel/9312

・パート16 https://t.me/JustDudeChannel/9313

・パート17 https://t.me/JustDudeChannel/9314

・パート18 https://t.me/JustDudeChannel/12556

・パート19 https://t.me/JustDudeChannel/15234

・パート20 https://t.me/JustDudeChannel/17095

・パート21 https://t.me/JustDudeChannel/20685

・パート22 https://t.me/JustDudeChannel/21868

・パート23 https://t.me/JustDudeChannel/22660

・パート24 https://t.me/JustDudeChannel/24382

・パート25 https://t.me/JustDudeChannel/25478

・パート26 https://t.me/JustDudeChannel/26545

・パート27 https://t.me/JustDudeChannel/29843

・パート28 https://t.me/JustDudeChannel/29845

T. 必ずビデオを見てください:

カテゴリー: 未分類 | コメントする

トランプ&プーチン

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【Heavenese】アレックス・ジョーンズがボヘミアン・グローブを暴露

Alex Jones氏がデービッド・ガーゲン(Top president adviser)にインタビュー

スカルアンドボーンズの正体をあばく

https://www.youtube.com/live/W4S-et1tqlg?si=1mDingpbdodwCr_J&t=5658

カテゴリー: 未分類 | コメントする

タッカー・カールソンによるウラジーミル・プーチンとの独占インタビュー【和訳字幕付き動画】

2024年2月8日夜モスクワで実施された

日本時間で2024年2月9日(金)8:00い公開


Xのtonakaiさん
https://x.com/tonakai79780674/status/1755821082861605280?s=20


マタタビの羅針盤さん
(1)
https://www.bitchute.com/video/k4XhRWFHoMoX/


オリジナル動画
https://tuckercarlson.com/the-vladimir-putin-interview/

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【創造デザイン学会】Pos202 world/フリーメイソンが完全に暴露、隠れた権力が明るみに

https://www.dcsociety.org/2012/info2012/231203.pdf


State of the Nation
WATCH! FREEMASONRY EXPOSED AS NEVER BEFORE & HIDDEN POWER REVEALED
https://stateofthenation.co/?p=197265

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【InfoWars】Transhumanism: The End Game — Epic Speech Lays Out The Globalist Plan For a Post-Human Future

創造デザイン学会

人間改造:王手をかけられたグローバリストの終末人間計
画を語る
https://www.dcsociety.org/2012/info2012/231118.pdf


https://www.infowars.com/posts/transhumanism-the-end-game-epic-speech-lays-out-the-globalist-plan-for-a-post-human-future/

Ramble
https://rumble.com/v3vxzlt-must-watch-laura-aboli-delivers-epic-4-minute-speech-on-the-transhumanist-p.html


YouTube

https://youtu.be/FCh6auCKYS0?si=TLP6aFWwHG4S2pe9

カテゴリー: 未分類 | コメントする

The Tucker Carlson Interview

http://tuckercarlson.com

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【Future Of Mankind】by Billy Meier, Contact_Reports ビリー・マイヤー

ビリー・マイヤー コンタクトレポート

Contact_Reports
https://futureofmankind.co.uk/Billy_Meier/Category:Contact_Reports

G翻訳
https://futureofmankind-co-uk.translate.goog/Billy_Meier/Category:Contact_Reports?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp


Main Page
https://futureofmankind.co.uk/Billy_Meier/Main_Page

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FIGUはウクライナ危機を予言していた

FL-J通信特別号 第2回 2016年4月
file:///C:/Users/v73an/Downloads/FLJ_Sonder_Bulletin_2.pdf


私の見るところ、
何もかもがまたもや別の破局に向
かって進んでおり、したがって再
び新たな戦争行為が、とりわけウ
クライナが原因で起こりかねない。
しかしまた金融破綻や重大な経
済危機、それと共に激しい政治的
混 乱 と 質
たち
の 悪 い 致 命 的 な 堕 落 も
迫っている。EU独裁体制の脅迫と
ばかばかしさを観察して分析する
ならば、特にロシアに対してアメ
リカと一緒にEU独裁体制が脅迫
と制裁を加えていることは既に国
際的で深刻な崩壊に至っているが、
いまやEUとアメリカとロシアの間
で広範な戦争の策謀が迫っている。
そしてその罪はひとえにウクラ
イナをロシアに対する防波堤とし
て併合しようとするEU独裁体制に
ある。しかも素朴なウクライナ人
はそれを支持して目指そうとして
いるが、それは彼らがEUの独裁形
態を認識していないからだ。


EU独裁体制内の不一致や、東ウ
クライナの件でEUがロシアに強制
的に行使している策謀も衝突を誘
発する危険な愚行である。そこか
ら極めて攻撃的で、場合によって
は全く危険な新たなヨーロッパの
分裂と、ヨーロッパを覆う酷
ひど
い戦
火が生じる恐れがある。そしてこ
れに関する全てのことは、権力欲
に駆られた扇動者「アンゲラ・メ
ルケル」によって搔き立てられて
いるのだ。彼女はEU独裁体制とア
メリカ合衆国内部でロシアに対す
る効果的なテロを策動し、そのた
めに政府と国民の中で自分の言い
なりになる者を奴隷として縛りつ
け、権力亡者の考えで煽
あお
り立てて
いる。そして彼らは見境なくロシ
アに対する扇動をそそのかす首謀
者の尻馬に乗るのだ。もしかなり
前から言われているように、ドイ
ツかアメリカが東ウクライナの反
乱者達に対抗するために近代的武
器を供給するようなことになった
ら、本当に大変なことになり、既
に言ったように全ヨーロッパが戦
火に包まれてしまう。というのは、
もしそんなことになればロシアも
介入して、東ウクライナの反乱者
達を近代兵器で武装させ、それど
ころか軍隊を投入するからだ。
プター:君がそのような形で語り述
べたことも、実際にあることと差
し迫っていることに合致している。
ビリー:その際に全ての責任ある政
治家達は男も女もこれらの事実を
認識できるだけの知性を備えてい
ない。何故なら彼らは一方で救い
ようのないほど権力欲に取り憑か
れており、それゆえ論理に対して
鈍感で盲目だからであり、他方で
彼らの知性は現実をその効果と真
実において把握するに十分でない
からだ。
プター:それは疑う余地のないこと
であり、現在起きていることは場
合によっては実際にヨーロッパ全
体に多くの災
わざわ
いをもたらしかねな
い。何故ならEU 独裁権力のロシ
アに対する誤った行動、特にこの
EU独裁体制と合衆国においてEU
の首
しゅかい
魁として耳を貸す者が多いア
ンゲラ・メルケルによる誤った行
動は、ロシアが最初に取った行動
の実状とは全く釣り合わないもの
である。最初にEUの独裁的策謀に
よって全てがますます攻撃的とな
り、今日見るような状況に至った
のである。それはEU独裁体制がウ
クライナをその勢力範囲に引き入
れようとしているからであり、そ
のために手段を選ばない。
例えば数十億ユーロという大金
がウクライナに持ち込まれている
が、ウクライナ権力者はその金が
欲しくてたまらず身を売るのであ
る。かなり前から現在までウクラ
イナでは邪悪で、殺人的で、有害で、
犯罪的で、破壊的なことが支配し
ているが、EU独裁体制の諸国民が
それに苦しみ多くの不利益を被っ
ているだけではなく、ロシアの国
民も東ウクライナの住民も同様に
苦しんでいる。
その東ウクライナでは反乱者達
が人を殺し、荒れ狂い、破壊して
いるが、キエフから指令されてい
るウクライナ軍や、キエフによっ
て招集され訓練された兵士達も同
じことをしている。それらと並ん
で独裁的なEU 諸国からの、かな
り多くの病的に愚かな志願者もい
るが、それはISもしくは「イスラ
ム主義国」でも同様である。その
殺人とテロと破壊の策謀にはEU独
裁体制から数千人もの志願者やイ
スラム狂信主義者や過激主義者が
関与している。理解に苦しむのは
何故メディアや統治者はこれまで
ずっと「イスラム国」と言ってい
るのかということである。しかし
このISテロ民兵団は本当のイスラ
ム教とは全く関係ない。それゆえ
君がこの組織を「イスラム主義国」
とも呼ぶのは、その非人間的な策
謀からして正しいことなのだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

木曜スペシャル ビリー・マイヤ氏

The “Billy Meier contact case” in Japanese (Nippon TV)

https://youtu.be/xvbtGJKljQg?si=dcytYKrxyI17jAWK

https://youtu.be/xvbtGJKljQg?si=dcytYKrxyI17jAWK

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FIGU フィグ・レンデスグルッペ・ヤーパン公式サイト

http://jp.figu.org/


FIGU コロナウイルスに関する情報
http://jp.figu.org/index.php?%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%83%85%E5%A0%B1

カテゴリー: 未分類 | コメントする

THEY FLY BLOG & NEWS

https://theyflyblog.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FIGU-Shop ビリーマイヤーの新タルムード

New Translation of the Talmud Jmmanuel!

FIGU Canada affiliate: Go Here | FIGU America affiliate: Go Here FIGU Australia affiliate: Go Here | FIGU Switzerland: Go Here

アメリカ
http://theyfly.com/new-translation-talmud-jmmanuel

スイス
https://shop.figu.org/b%C3%BCcher/talmud-jmmanuel?language=en

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【BATTLE FOR WORLD】ビリー・マイヤー: 2001 年 9 月 11 日、アルカイダ、ビンラディン、イスラエル、アメリカの経済崩壊

https://battleforworld-com.translate.goog/2016/12/12/billy-meier-sept-11-2001-al-qaeda-bin-laden-israel-economic-collapse-in-america-2/?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp


https://battleforworld.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2021年人身取引報告書:日本

2021 Trafficking in Persons Report: Japan
https://www.state.gov/reports/2021-trafficking-in-persons-report/japan/#:~:text=%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E6%97%A5%E6%9C%AC-,2021%E5%B9%B4%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%3A%E6%97%A5%E6%9C%AC,-%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E3%81%AE


G翻訳
https://www-state-gov.translate.goog/reports/2021-trafficking-in-persons-report/japan/?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp#:~:text=%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E6%97%A5%E6%9C%AC-,2021%E5%B9%B4%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%3A%E6%97%A5%E6%9C%AC,-%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%A3%B2%E8%B2%B7%E3%81%AE

日本: ティア2

日本政府は人身売買撲滅の最低基準を完全には満たしていませんが、そのために多大な努力を払っています。政府は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが人身売買対策能力に及ぼす影響を考慮し、前回の報告期間と比較して全体的に取り組みが強化されていることを実証した。そのため、日本はティア 2 に留まりました。これらの取り組みには、一部の人身売買業者の捜査、起訴、有罪判決が含まれていました。人身売買被害者の一部を特定する。そして引き続き一般向けの啓発キャンペーンを実施します。しかし、政府はいくつかの主要分野で最低基準を満たしていなかった。当局は引き続き、罰則が軽い法律に基づいて人身売買業者を起訴し有罪判決を下し、ほぼすべての事件で投獄の代わりに執行猶予付きの判決を言い渡したが、一部の人身売買業者は罰金のみを受け取った。有罪判決を受けた人身売買業者に対するこれらの判決は、犯罪を抑止するには十分に厳しいものではなかった。人身売買業者の大多数に懲役刑を言い渡さなかったことは、抑止力を著しく弱め、人身売買業者の責任を追及する努力を弱め、犯罪の性質に適切に対処できなかった。法執行機関を含む政府当局は児童の性的人身売買犯罪に組織的に対処せず、人身売買業者が処罰を受けずに活動することを許した。外国に拠点を置く人身売買業者と国内の人身売買業者は、外国人労働者を搾取するために政府が運営する技能実習制度(TITP)を悪用し続けた。その支援下で日本で働く移民労働者の間で強制労働が行われているとの報告が根強く残っているにもかかわらず、当局はまたしても技能実習制度における人身売買事件や被害者を積極的に特定しなかった。技能実習制度内では、送り出し国との協力に関する政府の覚書は、技能実習生の間での借金に基づく強制の主要な要因である外国人労働者募集機関による過剰な料金の請求を防ぐのに効果がなく、政府は募集人や雇用主に責任を問わなかった。虐待的な労働行為と強制労働犯罪。省庁間の利害関係者は、あらゆる形態の人身売買をカバーしていない、異質で効果のない身元確認と照会手続きに依存し続けており、そのため、当局は人身売買の脆弱な人々を適切に検査し、あらゆる形態の人身売買の被害者を保護することができていない。法執行機関は、ほとんどの場合、人身売買の被害者として正式に指定することなく、商業性産業で搾取されている数百人の子どもたちを特定し続け、保護サービスや司法手段へのアクセスを妨げている。被害者の身元確認が不十分であることに加え、政府はあらゆる形態の人身売買の被害者に特化した特別なサービスを提供していなかった。あらゆる形態の人身売買犯罪に対処し、人身売買被害者、特に強制労働や児童・成人の性的人身売買の被害者を特定して保護するという政治的意志が引き続き欠如していることが、政府全体の進歩不足の一因となった。
優先的な推奨事項:

性的および労働力の人身売買事件を精力的に捜査、起訴し、有罪判決を受けた人身売買業者に強い刑を課して責任を問う。 • 人身売買禁止法を改正し、懲役に代わる罰金を認める量刑規定を削除し、人身売買犯罪の刑罰を最高 4 年以上の懲役を含むよう引き上げる。 • 技能実習制度やその他のビザ付与資格の後援を受けて日本にいる移民労働者を含む移民労働者の間で、強制労働の被害者を特定し、保護サービスに紹介するための標準的な省庁間手続きを開発、体系化し、実施する。移民拘留中。 • 第三者の仲介なしに商業的性行為で搾取された児童、技能実習制度に基づく移民労働者、特定技能ビザを含む新制度に基づいて日本に入国する移民労働者を含む被害者が適切に特定され、サービスに紹介されることを保証するため、被害者審査を強化する。人身売買業者が強制した不法行為により拘留されたり、強制送還されたりしていないこと。 • 性的人身売買と強制労働の男性被害者を特定する取り組みを強化する。 • 人身売買被害者のための指定保護施設を含め、人身売買被害者に専門的なケアと支援を提供するリソースを増やし、これらのサービスが外国人被害者と男性被害者の両方にも利用できるようにする。 • 技能実習機構(OTIT)職員および入国管理官に対する被害者特定に関する研修、NGO との OTIT 連携の改善、技能実習生の作業計画の承認前のすべての契約の見直しなど、技能実習制度改革法の監視と執行措置を強化する。雇用主の査察、労働者負担の過剰な手数料や料金を請求する外国人材紹介会社との契約の解除。 • すべての外国人労働者が希望に応じて雇用や業種を変更できるようにする正式なルートを確立する。 • 雇用主がすべての外国人労働者のパスポートやその他の個人文書を保持することを禁止する法律を制定する。 • 関連する政策を修正し、労働者負担の求人料やサービス料の賦課を撤廃することにより、借金に基づく強制に対する移民労働者の脆弱性を軽減する。 • 強制労働に加担する組織や雇用主による「懲罰」協定、パスポートの保留、その他の慣行の禁止の執行を強化する。 • 海外で児童買春旅行に従事する日本国民を積極的に捜査し、起訴し、有罪とし、処罰する。
起訴

政府は依然として法執行の取り組みが不十分であった。日本には、国際法に沿った定義を含む包括的な人身売買防止法が存在しなかった。大人と子供の売春、児童福祉、移民、雇用基準に関する異なる刑法法を通じて性的人身売買と労働者人身売買犯罪を犯罪化した。売春防止法第 7 条は、他人を売春に誘導することを犯罪とし、詐欺的または強制的な手段が使用された場合は 3 年以下の懲役または 10 万円 (970 ドル) 以下の罰金、および 3 年以下の懲役および罰金を規定しています。暴力や脅迫を行った場合は10万円以下の罰金。同法第 8 条は、被告が第 7 条に基づいて犯した犯罪に対して補償金を受け取った、受け取る契約を結んだ、または要求した場合、罰則を最高 5 年の懲役および最高 20 万円 (1,940 ドル) の罰金に引き上げた。 「児童買春及びポルノに関連する活動の規制及び処罰並びに児童の保護に関する法律」では、児童の商業的性的搾取への関与、仲介、勧誘を犯罪とし、最高5年の懲役刑を規定している。いいですよ、あるいは両方。この法律はまた、売春や児童ポルノの製造を通じて搾取する目的で児童を売買することを犯罪とし、最高懲役10年の刑罰を規定した。政府はまた、児童福祉法を利用して人身売買関連の犯罪も訴追した。同法は、児童にわいせつな行為や有害な行為をさせる目的で児童を輸送したり匿ったりすることを広く犯罪とし、最高10年の懲役または最高の罰金を規定した。 〜 300 万円 ($29,100)、またはその両方。職業安定法(ESA)と労働基準法(LSA)はいずれも強制労働を犯罪とし、最高10年の懲役または300万円(2万9100ドル)以下の罰金を規定している。しかし、厚生労働省(MHLW)は、LSA に基づく「強制労働」の定義は国際法に基づく人身売買の定義よりも狭く、実際には、LSA に基づく「強制労働」として起訴されるケースは稀であると報告した。 LSAは人身売買犯罪として扱われなかった。国際法の下での人身売買の定義と矛盾し、LSA は犯罪の重要な要素として搾取を含んでいませんでした。前回の報告期間と同様に、多くの検察官は、比較的高額な刑罰が上訴手続きを引き起こす可能性が高く、全体的な有罪率が低下し、職業上の地位に悪影響を与える可能性が高いとの認識から、ESAとLSAの使用を避けたと報告されている。性的人身売買に対する懲役刑の代わりに罰金刑が認められたとき、その刑罰は強姦などの他の重大犯罪に規定された刑罰と釣り合わなかった。市民社会団体は、これらの重複する法令への依存が、特に心理的強制の要素を伴う強制労働を伴う事件について、人身売買犯罪を特定し訴追する政府の能力を引き続き妨げていると報告した。政府には、パスポートや居住用身分証明書の没収が禁止されていた技能実習生を除き、雇用主、人材募集業者、労働斡旋業者が日本人または外国人労働者のパスポート、旅行、その他の身分証明書を没収することを禁止する法律は存在しなかった。しかし、政府はこの法律を施行したのか、あるいは報告期間中に技能実習生の書類を保留した雇用主や機関に罰則を与えたのかについては報告しなかった。 2017年に制定された日本の法律には、証人への贈賄を犯罪とする条項が含まれており、これにより当局は一部の人身売買業者に対する司法妨害罪を追及する追加の根拠が得られることになる。しかし、政府は人身売買事件に対してこれをどの程度実施したかを3年連続で報告しなかった。

2020年1月から2020年12月までに、政府は48人の加害者容疑者が関与した性的人身売買40件と、10人の容疑者が関与した労働力人身売買15件を捜査した。合計容疑者58人のうち、警察は57人を逮捕し、残りの容疑者(子供)を家庭裁判所で処理するために検察に送致した。これは、2019年に政府が人身売買の加害者容疑者39人を捜査し逮捕したのと比較したものである。2020年、裁判所は性的人身売買で42人、労働力人身売買で8人、合計50人の人身売買容疑者の訴追を開始した。加害者50人のうち、報告期間終了時点で15人が裁判中であり、2人は家庭裁判所に送致された。政府は、以前の報告期間中に開始された事件を含め、報告期間中に 50 人の加害者に有罪判決を下した。有罪判決を受けた50人のうち、裁判所は人身売買業者36人に8か月から13年の懲役刑を言い渡した。しかし、裁判所はこれらの判決のうち 26 件を完全に執行猶予し、その結果、人身売買業者は懲役刑に服することはありませんでした。 10人の人身売買業者が懲役刑を受けた。裁判所は、密売業者50人のうち14人に金銭罰のみを言い渡し、罰金は5万円(485ドル)から80万円(7,760ドル)までとなった。加害者50人は、児童福祉法や児童虐待関連行為の規制・処罰法などを含むがこれらに限定されない、大人と子供の売春、児童福祉、移民、雇用基準などに関連するさまざまな法律に基づいて有罪判決を受けた。児童買春および児童ポルノと児童の保護。これと比較すると、2019年に裁判所は人身売買容疑者32人を起訴し、さまざまな法律に基づいて22人に有罪判決を確定させたが、そのうち有罪判決を受けて10カ月から2年半の懲役刑に服したのはわずか3人だった。政府は、人身売買犯罪に加担した政府職員の捜査、起訴、有罪判決については何も報告していない。

技能実習制度内で強制労働の兆候が蔓延していることが知られているにもかかわらず、政府は技能実習生の強制労働に関与した個人を捜査、起訴、または有罪判決することはなかった。政府がこのプログラム内で人身売買容疑者を特定することに消極的だったため、搾取的な雇用主は処罰されずに活動することができた。厚生労働省労働基準局は、2020年に技能実習生の職場に対して8,124件の検査(2019年は9,454件)を実施し、技能実習生の雇用主5,766人に対して労働基準法違反の有無を調査したと暫定的に報告した。その結果、労働基準局は2019年に捜査のため送検された事件が33件だったのに対し、2020年には36件の事件を捜査のため送検した。しかしながら、政府は送致の中に労働力人身売買犯罪が含まれていたかどうかについて報告していない。サービスを提供する NGO は、TITP の職場内で発生している強制労働の具体的な申し立てに注意を喚起しようとする試みが繰り返し行われたと報告したが、政府はこれらの申し立ての大部分について人身売買犯罪の可能性について積極的に調査せず、プログラム内での強制労働の事例も特定しなかった。政府は、技能実習生に対する虐待や暴行の申し立てに対する行政罰として、不詳の実施機関から技能実習生計画を取り消したと報告した。しかし、政府はこれらの人身売買容疑の事件について刑事捜査を開始しなかった。日本の法律は技能実習生のパスポートや渡航書類の没収を禁じているにもかかわらず、政府はこの法律に違反した疑いのある雇用主に対する調査を開始しなかった。 NGO の報告によると、裁判所は、外国人被害者が関与した強制労働事件に対して、心理的強制を裏付ける証拠の代わりに虐待の物理的指標に過度に依存するなど、法外に高い証拠基準を設定しており、それによって適切な法執行措置を妨げていると報告した。

政府は、実際には、第三者が商業的性行為を促進しない限り、当局は商業的性的搾取に関与している児童を性的人身売買の被害者として正式に認定していないため、人身売買法に基づく児童の商業的性的搾取に関わる事件を調査または起訴しなかったと報告した。政府は、500 人以上の加害者が関与した 600 件以上の「児童買春」事件を報告したが、政府はこれらの事件について、第三者の助長者の関与の有無を含め、人身売買犯罪の可能性について捜査しておらず、膨大な犯罪行為の特定に失敗した。 379 人の子どもたちの大半は人身売買の被害者としてこれらの事件に関与している。過去数年間、当局はまた、児童が商業的性的搾取に関与しているこのような事件を、人身売買犯罪として正式に認定することなく数百件処理した(2019年は784件、2018年は700件以上、2017年は956件)。専門家らは、児童性的人身売買事件を適切に処理するための法執行機関の努力の欠如が、犯罪の継続的な実行を許し、永続させていると指摘した。犯罪の蔓延を最小限に抑え続けた。その結果、人身売買業者の責任を追及し、被害者を保護する取り組みは、あったとしても弱いものに終わりました。

政府は3年連続で、女子学生または「JK」ビジネス(成人男性と未成年の女子高生を結びつける出会い系サービス)における児童性的人身売買とポルノの強要に対して取られた法執行措置を報告しなかった。主要8都府県は、「JK」事業を禁止する条例を維持し、18歳未満の少女が「援助交際」で働くことを禁止し、「JK」事業主に従業員名簿を地方公安委員会に登録するよう義務付けた。前回の報告期間と同様に、当局は条例の条項に違反して特定または閉鎖したそのような事業の数を報告しなかった(2019年は報告なし、2018年は137件が特定され、閉鎖されたものはなかった)。 「JK」ビジネスを巡る犯罪行為に従事した者(2019年は未報告、2018年に69人が逮捕)。伝えられるところによると、一部の当局はこの犯罪を認識していないか、どのように訴追するか確信が持てず、しばしば法外に高い証拠基準を引き合いに出していた。

2020年4月、警察庁(警察庁)は全国の都道府県警察に対し、人身売買事件の摘発と他の関係機関との連携を指示する通達を発出した。しかし、この回覧には、警察がそのような事件を特定するのに役立つ追加のガイダンスや手順は提供されていませんでした。報告期間中、政府は OTIT や外務省 (MOFA) を含むさまざまな省庁に人身売買防止訓練を提供した。政府は国際機関が実施するものも含め、一部の訓練を延期または中止した。関係者らは、主要な法執行当局者や司法関係者の認識不足に対処するため、追加の訓練が緊急に必要であると報告し続けた。
保護

政府は、技能実習制度内および商業的性的搾取における児童の人身売買の被害者を一貫して正式に特定しないなど、被害者を保護するための取り組みが不十分なままだった。標準化されたガイドラインの欠如、各省庁間の調整不足、すべての関連機関の間での性犯罪および労働者人身売買犯罪に対する誤解が、被害者を特定し保護するための政府の不十分な取り組みの一因となった。政府には、犯罪を自ら通報した被害者であっても、当局が被害者を特定するための全国標準の運用手順やガイドラインがなかったため、被害者がケアを受けることが妨げられていた。省庁間の利害関係者は、あらゆる形態の人身売買、特に児童性的人身売買や出稼ぎ労働者の労働力人身売買を組み入れたわけではない、異種かつ不十分な被害者特定手順に従っていた。厚生労働省、入国管理局、警察庁など、いくつかの省庁は潜在的な人身売買事件を特定できるホットラインの運営を続けたが、報告期間中にこれらのホットラインのいずれも被害者を特定できなかった。商業的性行為を禁止する法律の範囲が限られていたため、都市部の娯楽施設で合法化されているもののほとんど規制されていない「デリバリーヘルスサービス」の商業的性行為の範囲内で、子供と大人の広範囲にわたる被害が発生した。

2020年、当局は25人の性的人身売買被害者と13人の労働力人身売買被害者を特定した。この中には、バーで「ホステス」として働かされ、政府が労働力人身売買の被害者として認定したフィリピン人の被害者7人も含まれている。これは、2019年に特定された人身売買被害者合計47名(その中には「ホステス」として強制労働させられた女性と少女12名を含む)と比較して減少を示している。政府は、人身売買の兆候を示す実質的な証拠があるにもかかわらず、2017年のTITP発足以来、また1993年に設立された前身組織の在任期間中、TITP内で強制労働被害者を特定したことは一度もなかった。政府は、2020年に8,000人の技能実習生が職を失い失踪したと報告したが、そのうちの何人かは搾取的または虐待的な状況を理由に逃亡した可能性が高く、身元不明の人身売買の被害者である可能性が高い。当局は、契約機関での強制労働やその他の虐待的環境から逃れた技能実習生の逮捕と国外追放を続けた。一部の労働契約には、日本で働いている間に妊娠したり病気になった実習生に対する違法な自動送還条項が盛り込まれていた。報告期間中、一部の技能実習生はパンデミック関連の事業閉鎖により職を失い、送り出し機関への未払い債務を返済するために新しい雇用主を見つけた。しかし、当局は人身売買の検査を行わずに違法に転職したとしてTITIP参加者の一部を逮捕した。この法律は表向き、日本からの強制送還から被害者を保護しているが、当局による社会的弱者に対する不適切な審査により、入国管理違反や人身売買業者が強要したその他の不法行為により一部の被害者が逮捕・拘留されることになった。政府は2020年に技能実習生の強制送還に関する全国統計を報告しておらず、前年同様、契約満了前に日本を出国する技能実習生に対して入国管理当局が実施した審査面接の回数や、技能実習生の強制送還に関するデータも提供しなかった。雇用主が開始した不当な国外追放に対する介入が成功した件数。さらに、市民社会団体は、政府が入国管理拘留中の外国人(技能実習生を含む)を人身売買の兆候の可能性について検査する手順を持っていないと指摘した。

2000 年の国連 TIP 議定書に基づく定義基準に反して、当局は、第三者が商業的性行為を仲介しない限り、子どもを性的人身売買の被害者として認定しなかったため、数百人の子どもが正式に指定されることを妨げられました。政府はまた、2000 年の国連 TIP 議定書の定義基準に反して、加害者が「被害者をコントロールする」ことを要求しているため、商業的性行為に従事する児童の事件を児童買春の人身売買事件として扱わなかったと報告した。一部の州の法執行当局者は前回の報告期間で、日本の同意年齢が13歳という異例の低さにより、商業的性行為で搾取された児童を人身売買被害者として正式に特定する取り組みがさらに複雑になったと指摘した。 2020年に警察が報告した性的人身売買の一形態である「児童買春」の600件以上の事件で、政府は関与した児童379人のうち、人身売買被害者はわずか18人のみと特定した。政府は、児童ポルノと性的人身売買の男性被害者の約200件を報告した。 「児童買春」はまだ男児の性的人身売買被害者を特定できていない。したがって、政府は報告期間中、児童の性的および商業的性的搾取の数百件の事件に関与した児童のいずれにも、必要不可欠な被害者保護サービスを提供しておらず、支援を求めるNGOを紹介することもなかった。警察は引き続き、LGBTQI+の子どもを含む児童性的人身売買の被害者となる可能性のある一部の人々を非行者として扱い、人身売買の検査や事件の捜査、専門サービスへの紹介を行わず、彼らの行動についてカウンセリングを行った。

政府は2020年度に人身売買被害者の保護に350万円(約3万3,950ドル)以上を割り当てたが、これは2019年度に割り当てられた金額と同額である。この資金にもかかわらず、例年同様、政府は次のような適切な保護サービスを提供できなかった。日本人および外国人の人身売買被害者を含む人身売買被害者に対する、人身売買に特化したシェルター、心理社会的ケア、法的援助。政府が運営する保護オプションは他の犯罪の被害者に焦点を当てており、関連スタッフはあらゆる形態の人身売買の被害者に対応するために必要な特定のサービスを提供する能力を備えていませんでした。被害者に提供できる政府運営のサービスの利用可能性と質は、人身売買事件に関する県レベルの職員のその場限りの経験によって大きく異なります。政府は、一部の形態の性的人身売買を含む性的虐待の被害者のための「ワンストップ支援センター」を各都道府県で運営し続けたが、政府は報告期間中に人身売買被害者がこれらのセンターでサービスを受けたかどうかを報告しなかった。政府はまた、家庭内暴力やその他の犯罪の被害者とともに人身売買の被害者にも保護施設を提供できる女性相談所(WCO)と児童相談所への資金提供を継続した。 WCOの避難所は、食料やその他の基本的なニーズ(新型コロナウイルス感染症予防マスクや消毒剤など)、心理ケア、医療費の補償などを被害者に提供し、WCO職員が同伴すれば被害者は自由に施設から退出できた。しかし、一部の NGO は、これらの施設の物理的条件やサービスは劣悪で過度に制限的であり、人身売買被害者に必要な専門的なケアを提供するには不十分であると主張し続けた。当局は、2020年に8人の人身売買被害者がWCOシェルターで支援を受けたと報告したが、これは2019年の11人、2018年の16人から徐々に減少している。政府は報告期間中に「自称」被害者18人を当局に報告したが、提供や紹介は報告しなかった。これらの被害者は保護サービスの対象となります。公務員サービスプロバイダーは、人身売買被害者がプロバイダーに支援を求めた場合、政府が正式に被害者であると認定するまでは被害者を支援できないため、被害者に提供される重要なサービスが大幅に遅れたと報告した。さらに、国際機関や NGO は、ほとんどの外国人人身売買被害者は、合法的に居住する被害者が恩恵を受けることができる政府が提供する他の社会サービスへのアクセスが限られているか、まったく利用できていないと報告した。例えば、出入国在留管理庁は2020年に外国人人身売買被害者1名に在留資格を与え、外国人被害者7名に「日本残留特別許可」を与えたが、これらの被害者に必要なケアを提供したり、必要なケアを提供したりしたかどうかは報告しなかった。政府は、日本で搾取されている自国民に対する保護サービスの提供を外国大使館に依存し、期待していた。NGO はまた、外国人被害者の保護における特別な課題として、政府が提供する言語通訳サービスの欠如を強調した。母国に帰国することによる影響を恐れた外国人被害者には、一時的、長期的、永住権の給付金が用意されていたが、政府は報告期間中にこれらの給付金を受け取った被害者がいるとしても何人だったかを報告しなかった。政府は、人身売買被害者にカウンセリング、一時避難、社会復帰、本国送還サービスを提供する国際機関を通じてプログラムに資金を提供し続けた。このプログラムに対する政府の予算は1,100万円(10万6,715ドル)で、前報告期間の1,500万円(14万5,520ドル)から減少した。このプログラムを通じて、5人の外国人被害者が帰還支援を受けました(2019年は14人、2018年は5人、2017年は7人)。

被害者には人身売買業者に補償を求める民事訴訟を起こす権利が​​あったが、政府は報告期間中に被害者が民事訴訟を起こした事件を報告しなかった。さらに、技能実習生を雇用する虐待的な監督機関や子会社の経営者は、民事上または刑事上の責任から身を守るために頻繁に破産申請をしたり、行政上の改ざんを偽ったりしたため、プログラム期間中は罰せられずに強制労働が継続できることになった。一部の雇用主は、技能実習生に対して行われた労働虐待に対する補償を求める機会を減らすために、技能実習生に労働組合を脱退するよう圧力をかけた。したがって、補償金を受け取ることは実際にはほぼ不可能でした。 3年連続で、当局は報告期間中に裁判所命令による被害者への賠償の事例を報告しなかった。過去数年間、市民社会団体は、ポルノ強要の被害者の中には、社会復帰に対して汚名に基づく困難が生じることを恐れ、人身売買業者に対する裁判に参加しないことを選択した人もいると報告した。
防止

政府は、非常に弱い立場にある移民労働者の間で人身売買を適切に防止する政治的意志の欠如を示し続けるなど、人身売買を防止するための取り組みが不十分なままであった。政府は全国レベルの省庁間調整機関を維持したが、集中化されたリーダーシップの欠如により、人身売買と戦うための関連省庁間の調整が非効果的となった。政府は引き続き、人身売買対策の取り組みを、時代遅れの 2014 年国家人身売買防止行動計画 (NAP) に基づいて実施しました。 NAPによれば、政府は2020年に市民社会団体と2回会合を開き、人身売買と戦う政府の措置を検討したが、これらの会合から何らかの具体的な成果が出たかどうかは報告しなかった。同報告書は、人身売買と闘うための政府の行動に関する6回目の年次報告書を作成し、2014年のNAPで定められた目標に対する対策を追跡した。当局は、警察庁の公開ウェブサイトを含むオンラインで情報を広め、ラジオ番組、ポスター、パンフレット、NGO、入国管理局、労働局、国内外の在外公館に配布されたリーフレットを通じて、人身売買に対する意識を高め続けた。 。日本におけるベトナム人労働者の増加に対応して、警察庁は報告期間中、人身売買対策のリーフレットにベトナム語の情報を掲載した。 NPA はまた、2020 年 12 月に放送された航空業界向けの人身売買防止に関するオンラインプレゼンテーションを作成しました。NPA は、外国政府や国際機関と協力して、児童や児童の商業的性的搾取を含む性的搾取についての意識を高めるために空港にポスターを配布しました。児童ポルノの制作。政府は商業的な性行為の需要を減らすために大きな努力をしておらず、「JK」ビジネスに関する啓発コンテンツの多くは需要源ではなく被害者を対象としたものでした。政府は海外で児童の性的搾取に関与した日本人を訴追するための治外法権を有していたが、前回の報告期間とは異なり、2020年にはこの管轄下での児童買春ツーリズム事件の捜査や訴追については報告しなかった。

政府は、2016 年に施行された技能実習生の適正な訓練及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習制度改革法)を引き続き施行した。技能実習制度改革法では、技能実習生とその雇用主が共同で作成した生活条件、労働時間、その他の要素を概説した勤務計画を承認することが厚生労働省に義務付けられました。 2020年11月から2021年1月中旬まで、政府は55,754人の技能実習生の入国を許可した。しかし、当局は送金機関と受入れ機関の契約間、あるいはこれらの契約と参加者の作業計画間の統一性を確保するための監督手続きを完全には実施せず、その結果、文言に齟齬が生じ、多くの参加者が強制労働を含む労働虐待の危険にさらされた。政府の暫定データによると、2020年にOTITは15,318の技能実習実施機関と2,983の監理団体に対して立入検査を実施したと報告した。当局は、2018年には8件の取り消しがあったのに対し、2019年には労働違反を理由に厚生労働省が承認した作業計画の取り消しを報告していなかった。一部のオブザーバーは、検査官の数が少ないのに比べて技能実習生の雇用主と参加者の数が多いため、これらの作業計画には法的強制力が欠けていると述べた。 2021年2月、厚生労働省は各地方労働基準監督署に対し、人身売買の可能性のある事件をさらなる調査のために厚生労働省に報告するよう指示を出した。報告期間終了時点では、そのような事件を報告した事務所があるかどうかは報告されていない。市民社会団体は、OTIT の人員が不足しており、特に参加者の数が増え続ける中、これほど大規模なプログラム内で強制労働を含む虐待疑惑を適切に調査することができないとの懸念を表明し続けた。一部の参加者は、雇用主が突然契約を変更または終了した場合、OTIT と厚生労働省は調停の申し立てに応じなかったと報告した。入国管理官は、ホットラインと連絡先情報を記載したオリエンテーションパンフレットをすべての技能実習生に発行しました。

政府は、技能実習生の送り出し国としてバングラデシュ、ブータン、ビルマ、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、モンゴル、パキスタン、フィリピン、スリランカ、タイ、ウズベキスタン、ベトナムと技能実習に関する協力覚書(MOC)を維持した。 MOCは依然として日本政府の人材募集慣行を規制する主要なツールであったが、日本政府が人材募集業者や送り出し機関による虐待労働行為や強制労働犯罪に対する送り出し国政府の責任を追及できなかったため、ほとんど効果がなかった。 MOCは、政府が技能実習生を受け入れるのは、労働者に高額な負債を負わせることで知られる「法外な手数料」を参加者に請求しない国の認可を受けた団体からのみ受け入れると断言した。しかし、これらの国の一部の送出機関は料金制限を回避し、料金の代わりに高額の「手数料」を請求することで各国政府の承認を得た。したがって、これらの国からの研修生は、日本に来ても借金による束縛を受ける危険にさらされ続けた。これは、技能実習生の中で最も高い割合を占めるベトナム人参加者に特に当てはまります。一部の日本の技能実習生雇用主は、技能実習生の逃亡を防ぎ、労働力を維持する手段として、技能実習生に給与の一部を強制貯蓄口座に送金するよう強制した。法務省、外務省、厚生労働省は送り出し国に対し、募集手数料違反の疑惑の調査を要請することができるが、送り出し機関に対してこの行為を罰するか禁止するかの決定は送り出し国当局の裁量に委ねられていた。法務省、外務省、厚生労働省は、報告期間中に調査のために79の送出し機関による不正行為を送出し国に報告した。

政府は、2018年に創設された「特殊技能」ビザプログラムの実施を継続し、2020年には1万5,663人の外国人労働者の日本入国を許可し、建設、造船、介護、その他5年以上にわたって労働力不足が知られている10の分野での職に就くことができた。 -年の期間。 2020年にこの制度内での強制労働の報告はなかったが、観察者らは、この制度が技能実習制度に固有のものと同様に、強制労働を含む労働虐待に対して同じ脆弱性を引き起こす可能性があり、政府の監督措置も同様に欠如しているのではないかと懸念を表明し続けた。 。このプログラムにより、既に技能実習生に参加している資格のある個人は、新たに創設されたカテゴリーへのビザの切り替えが許可され、日本滞在の延長や同じ分野での転職が可能になったと伝えられている。また、日本の法律は、営利目的の人材派遣会社や個人が、許可要件なしで「登録支援機関」となり、有料で人材紹介会社と雇用主との間の仲介を行うことを認めた。監視者らは、これらのサービス料は、政権の後援のもとで入国する移民労働者の間で、借金に基づく強制のさらなるリスクを生み出す可能性があると報告した。このプログラムに基づき、政府は 13 の政府との覚書を維持し、悪意のあるブローカーや人材紹介会社を排除するための情報共有の枠組みを提供しました。
人身取引プロファイル

過去 5 年間に報告されているように、人身売買業者は日本人と外国人の男女を強制労働と性的人身売買の対象にしており、また日本人の子供たちも性的人身売買の対象にしています。人身売買業者はまた、東アジアや北米などの目的地で被害者を搾取する前に、地域の他の地域から日本を経由して被害者を輸送します。人身売買業者は、技能実習制度など日本政府が運営するプログラムに参加している企業などで、主にアジアからの男女の出稼ぎ労働者を強制労働の条件にさらしている。政府は2020年に日本人男性被害者5人を特定した。そのうちの1件では、人身売買業者が被害者の男性に毎日のように身体的暴行を加えた後、レストランで低賃金で長時間働かせていた。日本の急速に増加する外国人留学生も、濫用的でしばしば欺瞞的な労働学習契約条項により、単純労働部門での人身売買の危険にさらされている。北東アジア、東南アジア、南アジア、ラテンアメリカ、アフリカからの男性、女性、子供が雇用や不正結婚を目的に日本に来て、性的人身売買の被害に遭っています。人身売買業者は、外国人女性と日本人男性との偽装結婚を利用して、バー、クラブ、売春宿、マッサージ店での性的人身売買のための女性の日本入国を促進しています。人身売買業者は、借金に基づく強制、暴力や国外追放の脅迫、脅迫、パスポートやその他の書類の没収、その他の心理的強制手段を用いて、被害者を強制労働や強制商業セックスに従事させます。雇用主は多くの移民労働者に生活費、医療費、その他の必需品の支払いを要求しており、彼らは借金に基づく強制を受けやすい状態にある。売春宿の経営者は、違法行為の疑いで被害者に恣意的に「罰金」を課すこともあり、それによって強制措置として被害者の債務を拡大することがある。

人身売買業者はまた、日本国民や外国人、特に家出した 10 代の少女や少年を性的人身売買の対象にしています。援助交際または「援助交際」サービスや「JK」ビジネスの変種は、多くの場合組織犯罪と関係があり、日本人少年少女の性的人身売買を促進し続けています。中国、韓国、ラオス、フィリピン、シンガポール、ベトナムからの未成年の若者も、これらの施設で搾取されていると報告されている。パンデミックは失業と家庭内暴力の急増を引き起こし、一部の日本の女性や少女、特に家出児童が「援助交際」をするリスクが高まった。 NGO は、人身売買業者がこの目的で女性や少女と接触するためにソーシャル メディア サイトを使用することが増えていると報告した。 「JK」バーのオーナーは、LGBTQI+ の若者を含む一部の未成年の少年少女をホステスやクラブのプロモーターとして強制労働させる可能性があります。高度に組織化された商業的性的ネットワークは、地下鉄、人気の若者のたまり場、学校、オンラインなどの公共の場で、弱い立場にある日本の女性や少女たち(多くの場合、貧困の中で生活しているか、認知障害を持っている人たち)をターゲットにし、商業的性施設での性的人身売買の対象となっている。 、小規模な音楽演奏会場、小売スペース、リフレクソロジーセンターなどで、しばしば借金に基づく強制によって行われます。モデルや俳優の斡旋業者を装った一部のグループは、詐欺的な採用手法を用いて日本人の男性、女性、少年、少女に曖昧な契約書への署名を強要し、その後、法的措置をとったり、侵害した写真を公開すると脅してポルノ映画への出演を強要している。トランスジェンダーの若者の中には、ジェンダーを肯定するケアに資金を提供する手段として、規制のない都市部の歓楽街での職を求め、その後、商業的な性的搾取や、場合によっては強制労働で搾取される人もいます。日本の民間移民ブローカーは、日系フィリピン人の子供とそのフィリピン人の母親の日本移住と多額の費用を払って国籍を取得するのを支援しているが、母親はその支払いのために多額の借金を負うことが多い。到着すると、これらの女性とその子供たちの中には、借金を返済するために性的人身売買の対象となる人もいます。移民ブローカーを装った組織犯罪組織も、欺瞞的な求人情報を提供してこれらの家族を日本に誘い込み、女性たちを水商売で強制労働や性的人身売買の対象にしている。日本人男性は依然としてアジア諸国における児童買春旅行の需要源となっている。

技能実習制度では、強制労働の事例が続いている。技能実習制度は、もともと外国人労働者の基礎的な技術スキルを育成するために企画された政府運営のプログラムであり、事実上ゲスト労働者プログラムとなっている。バングラデシュ、ブータン、ビルマ、カンボジア、中国、インド、インドネシア、ラオス、モンゴル、パキスタン、フィリピン、タイ、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムからの技能実習生は、母国の送り出し機関に労働者負担の高額な手数料として数千ドルを支払っている。この慣行を抑制することを目的とした送り出し国と日本の間の二国間協定にもかかわらず、預金、または曖昧な「手数料」は、漁業、食品加工、貝類養殖、造船、建設、繊維生産、電子部品や自動車の製造などの分野での雇用を確保するために支払われている。その他大型機械など。 TITP の雇用主は、プログラムの意図に反して、技術スキルを教えたり開発したりしない仕事に多くの参加者を配置しています。事前に合意した職務と一致しない仕事を参加者に課す人もいます。これらの労働者の中には、移動やコミュニケーションの自由の制限、パスポートやその他の個人的および法的文書の没収、国外追放の脅迫や家族への危害、身体的暴力、劣悪な生活環境、賃金の差し押さえ、その他強制労働を示すような状況を経験している人もいます。一部の送り出し機関は、労働契約を遵守しない場合に数千ドルの違約金を請求する「懲罰協定」への署名を参加者に求めている。契約していた技能実習生の仕事を辞めた参加者は入国資格を失い、その後、性的人身売買や強制労働にさらされる人もいると伝えられている。特定技能ビザプログラム内の一部の外国人労働者(元技能実習生を含む)は、人身売買の危険にさらされている可能性があります。あるNGOは、このビザ制度の後援を受けて日本に来た移民労働者の90%以上が、2019年以前に脆弱な分野で働いていた元技能実習生であったと指摘した。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【BATTLE FOR WORLD】 ジマヌエル、シオニスト、ローマ人、そして支配者エリート陰謀団に嫌われた男

https://battleforworld-com.translate.goog/2016/12/12/jmmanuel-the-man-the-zionists-the-romans-hated/?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp


https://battleforworld.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

親知らず ワクチン

親知らずが異常なところから生えてくるとは
コロナワクチンの後遺症か?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

バーバラ・マーシニアックが伝えるプレアデスからのメッセージ

https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/4d60f0545a9bade99b859b2584fb7d2b


https://youtu.be/46gTQxxmSMQ?si=tFJKmOLXcZF2fgK2

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ドロレスキャノン-ノストラダムスとの対話

カテゴリー: 未分類 | コメントする

冒険ダン吉 アニメ版 OP

https://youtu.be/IsbSMaJcC6o?si=T_RNjF1LcfGGDG77

カテゴリー: 未分類 | コメントする

厚生科学審議会接種後被害報告事例

厚生科学審議会接種後被害報告事例
https://x.com/o0xfb7bs/status/1743988864082231321?s=20

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小型月着陸実証機SLIM ピンポイント月着陸ライブ・記者会見

小型月着陸実証機SLIM ピンポイント月着陸ライブ・記者会見

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プリオン病

https://note.com/lucky_orchid708/n/ne91e3fbbeaeb


転載 以下貼り付け

「狂牛病とアルツハイマーの関連をつきとめて殺された、日本人学者とその幼い娘」 – 平成中野学校 – Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/koudookan/830182.html

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/news/2092/1192097792/1-51

「十年前、狂牛病とアルツハイマーの関連をつきとめて殺された日本人の学者とその幼い娘がいた」

1996年5月8日午前一時半(日本時間で5月8日午後五時半)サンディエゴ近郊のラホヤ市で、突然何者かに路上で射殺された斎藤綱男サンディエゴ大(UCSD)教授と13才の娘留理さんの痛ましい事件を覚えておいででしょうか?

私はてっきり斉藤教授はアルツハイマーとアルミニューム摂取の関連性をつきとめたため、何者か(アルミ業界?)に殺された、と思っていたのですが、そうではありませんでした。

齋藤教授は射殺された当日、なんと「アルツハイマー病と狂牛肉の異常プリオンがひきおこすクロイツェル・ヤコブ病(CJD)との関連」について学会で新説を発表する予定だったのです。

犯人はきっと牛に食わせる肉骨粉を作っている(今も作っている)ロックフェラー系の穀物メジャーに99%間違いありません。

斉藤綱男氏は、車の側面から銃で胸部を数発撃たれ、白衣姿のままで、ハンドルに覆いかぶさるようにして死亡しており、また、13歳の長女斎藤留理さんも、車から6メートル離れた路上で胸部を撃たれ射殺されていた。
斉藤綱男氏は、当時、46歳で、UCSD(University of California, San Diego ミ Department of Physics)の病理学者で、アルツハイマー病の世界的権威であった。
京都大学理学部を卒業後、同大学大学院でDNA複製などの分子生物学を研究し博士号を取得し、フランスのパスツール研究所で研究の後、1985年にカリフォリニア大学に移った。

当日、斉藤綱男氏は、学会で、アルツハイマー病とCJDとの関係についての新説(アルツハイマーにおけるリン酸化された、異常なtauと呼ばれる微小管会合タンパク質の存在)を発表する予定であった。

http://www.stevequayle.com/dead_scientists/UpdatedDeadScientists.html参照

奇妙なことに、時をおかず、BSEに詳しいMark Purdey氏(有機農業経営者で、畜舎で使う有機リン系殺虫剤のホスメット-PHOSMET-が、BSEの原因だと主張している。)の家が全焼し、また、彼の顧問弁護士二人と、CJDの権威であるC. Bruton博士が、それぞれ、別の交通事故でなくなった。

このC. Bruton博士も、近々、新しい学説を発表する予定であったという。

さらに偶然なことに、斉藤綱男氏の奥さんも、C. Bruton博士の奥さんも、事故当日は、それぞれの主人と一緒ではない日程が組まれていた。斎藤さんの妻は、南仏ニースにたまたま、静養のため、旅行中であったという。

また、この事件に先立つ1996年3月には、カルバニズムの風習のある地帯の風土病であるKuru病の調査を通じて、「相当長い潜伏期間を経て発症するスローウィルス(slow virus)」の研究者であるCarleton Gudjasek氏が、FBIに別件で逮捕された。

これらの共通の接点として、the Howard Hughes Medical Institute(ハワードヒューズ医学研究所)の存在とCIAとの関係などを指摘する向きもある。

ガイジュセックは、クールー病とCJDの関連に早くから注目していた人物である。彼は、病原体を「相当長い潜伏期を経て発症するウイルス」(=スローウイルス)と考えていた。

これらの一連の事件はすでに10年前になるが、今でも関係者の間ではBSE,CJDそしてアルツハイマー病とのつながりをめぐる黒い噂として語り継がれているという。この黒い噂をHP上で公開した笹山前衆議院議員によれば、この事件にはthe Howard Hughes Medical Institute(ハワードヒューズ医学研究所)の存在とCIAが関与しているのではないかという指摘を報告している。私は、プルシナーの提唱した「プリオン」仮説が当局に都合が良かったのではないかと考えている。ちなみに福岡本でも、この点を示唆するくだりがある。

私の知人に、米国NIHのプリオン病ユニットで研究を進める女性がいる。彼女は異なる分野で博士号をとった後、ポスドクとして初めてプリオン病研究の世界に入った。そのときある先輩はこういって彼女の進路に反対したという。「プリオン研究は、サイエンティフイック・ブラックフォール。だからやめたほうがいい。」と。まさにそのとおりかもしれない。プリオン病をめぐる諸問題はとてつもなく複雑で、ある意味で混乱に満ちている(『プリオン説はほんとうか?』P239)。

さらに、英国のケント大学のアラン・コルチェスターとエンジンバラ大学獣医学部のナンシー・コルチェスター博士が『ランセット』(2005年9月)にBSEの起源について大変興味深い報告をしている。その内容は、BSEの起源はCJDであるというものである。つまり、人間のスポンジ脳症が牛に伝染したのではないかというショッキングな内容である。

概要はこうである。イギリスは1960~1970年代にかけて、数十万トンもの哺乳類動物由来の死体のさまざまな部分、全骨を肥料や飼料として輸入していた。その多くがバングラディシュ、インド、パキスタンからであった(インドは医学用の人骨輸出国で有名。カルカッタのディーラーがヒトの骨を米国やパキスタンに輸出して告訴されている)。

インドとパキスタンでは、輸出用に大きな骨や死体を川で集めて売っていました。まさに死体ビジネスである。インド、パキスタンはヒンズー教徒の国であるが、ヒンズー教徒は死体を川に捨てる習慣がある。その中に動物だけでなく、ヒトの死体もかなり含まれていた。

ここで、インドやパキスタンでヤコブ病があったのかが問題となってくる。実は1965年にインドで最初のヤコブ病が報告され1968年から1997年までに69例のヤコブ病患者の登録があるのだ。診断体制や報告体制が整備されていない現状を考えるとこの数字は氷山の一角に違いない。

そうすると、ヤコブ病のヒトの死体を食べた、牛が感染したということになる。ただ、まだヒトヤコブ患者の脳をすりつぶして、牛に感染させる実験が行われたことはありません(ヒトからサルへの感染実験は成功している)。これがもし本当だとすると、ヒト→牛→ヒトというスポンジ脳症連鎖である。人間も共食いになる。

お菓子に大量のグルタミン酸ソーダが入っている。これは新薬との組み合わせが危惧される成分であるが成分表記にはグルタミン酸ソーダとは書かれていないし(調味料アミノ酸 ビーフエキス、発酵調味料、コンブエキス、酵母エキスetc) という偽名や曖昧な名称で消費者を騙す)、もちろん他の薬との食べ合わせの注意点なんて書かれていない。

その他にも遺伝子組み換え食品など人を侵す食物や化学薬品は生活の中に深く入り込んできている。

アルツハイマーの原因としては、知能の低下や脳細胞の死につながっていると見られる脳細胞に見られる繊維質の束のもつれ(”tangles”)が原因と見ており、この縺れを生じさせるのが、「タウ」(tau)(上記写真の白い塊ご参照)というタンパク質なのだが、この縺れを切り離す酵素が発見され、これが、PSA(PSA/Npepps-puromycin-sensitive aminopeptidase-ピューロマイシン感受性アミノペプチダーゼ)と呼ばれるものということだ。

将来、このPSAの作用を拡大させる物質が発見されれば、アルツハイマー症を自己防御できる体制が、体に備えることができるとしている。
『Alzheimer’s ’self-defence found’ 』
もご参照

この「タウ」(tau)というタンパク質の存在は、『狂牛病殺人事件???』で述べたとおり、殺された斉藤綱男さんが発見し、学会で発表する直前に殺されたものだ。

それにしても、このタウという物質、この発見者斉藤さんの名前にちなんで、別名、Saitohin (STH) と名づけられていたとのことである。
「A polymorphic gene nested within an intron of the tau gene: Implications for Alzheimer’s disease」参照

もう一つは、 「改めて、BSEとアルツハイマー症との関係を問う必要がある」との論説である。

この論説「Mad Cow Disease and Alzheimer’s  Is there a connection? 」では、これまで、謎とされていたBSEとアルツハイマー症との関係について、改めて、問う必要があるとの説を展開している。

ここでは、これまでに、これらの二つの関係ありとの説を展開してきた、『Brain Trust: The Hidden Connection Between Mad Cow and Misdiagnosed Alzheimer’s Disease 』などの著書もあるColm Kelleher氏の主張や、Michael Greger博士の「American Beef Supply at Risk」などに見られる説を、改めて紹介している。

そして、アルツハイマー症と、現在されている患者について「アルツハイマー症とvCJDとの関係」を検証すべき時に来ているとしている。

追記 2006/09/12  さらにアルツハイマー症関連の二つの話題

別の敬老の日が迫っていることを意識したわけではないが、更に、アルツハイマー症(認知症)関連の二つの話題をご紹介。

ひとつは、急激な体重の減少は、アルツハイマー症発症の前触れ との説

ワシントン大学のDavid Johnson氏らの研究によると、449人のアルツハイマー症発症前後の状態を見たところ、発症前に、急激な体重減少が起こっていることがわかったという。

この449人のうち、125人が、アルツハイマー症発生前後で、8ポンド(3.629 kg)の体重減少に見舞われたという。

この研究は、Neurologyの最新号Vol. 63 No. 9, September 2006の論文「Early-Onset Alzheimer Disease in Families With Late-Onset Alzheimer Disease: A Potential Important Subtype of Familial Alzheimer Disease」で発表された。

もうひとつの話題は、果物や野菜のジュースを飲むと、アルツハイマー症を回避できるとの話題

これは、シアトルとハワイに住む日系アメリカ人1836人についての10年間にわたる追跡調査に基づくもので、この調査の最初の段階では、アルツハイマー症の症状がないものについて、調査し、毎週少なくとも三杯の果物・野菜ジュースを飲んだ人と、毎週一杯以下しか飲まなかった人とを比べたところ、三杯以上飲んだ人の76パーセントが、アルツハイマー症の懸念がなかったという。

この研究は、the American Journal of MedicineのVolume 119, Issue 9で、『Fruit and Vegetable Juices and Alzheimer’s Disease: The Kame Project 』として発表された。

なお、この研究は、The Kame Project (Seattle Kame Project: A Community-Based Study of Aging & Dementia in the Japanese American Community of Seattle and King County, Washington)の一環として、行われた。

http://nueq.exblog.jp/19305114/

狂牛病プリオンに関しては、その原因をモンサントの遺伝子組み換えトウモロコシに原因があることを突き止めてこれを脳神経学会などで発表、当時知り合ったばかりの僕が別ルートで掴んでいたモンサント遺伝子組み換えトウモロコシ狂牛病原因説との見事な一致をみたものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

🎙️🇷🇺I.A.キリロフ中将(ロシア連邦軍放射線・化学・生物防護部隊の隊長)が米国の軍事生物活動について説明(2024年1月15日)

https://t.me/rusembjp/16646


[ Album ]
🎙️🇷🇺I.A.キリロフ中将(ロシア連邦軍放射線・化学・生物防護部隊の隊長)が米国の軍事生物活動について説明(2024年1月15日)

💬 特別軍事作戦を行う中で入手した文書の分析に基づき、米国政権が創設した生物学的リスクのグローバル管理システムの構造が明らかになった。このシステムは、国家機関やいわゆる『ビッグ・ファーム』と呼ばれる会社を含む民間企業によって構成されている。

米国の行政機関を通して、軍事生物学的研究に連邦予算から直接資金を供与するための法的基盤が構築されている。国家の保証の下に、民主党が管理する非政府組織の資金を取り込んでいるのだ。こうした組織には クリントン、ロックフェラー、ソロス、バイデンの投資財団も含まれる。

米国国防総省の主要請負企業としては『メタビオタ』、『ブラック・アンド・ビーチ』、『シー・エイチ・トゥ・エム・ヒル』の各企業が挙げられる。これらの企業は生物学施設の建設や、世界中にあるペンタゴンのバイオ研究所への設備供給を担当している。こうした作業の調整を行っているのは、米国国防総省脅威削減局(DTRA)である。
(中略)

軍事生物学的活動の組織的な拡大は、ロシア連邦や米国により戦略的敵対国とみなされる国家に対して、安全保障上の脅威をもたらす。米国が実施するデュアル・ユース研究の規模と、これにより生じる世界的な生物学的リスクは、独立した国際調査を行う必要性を提起するものである。

☝️ 現状では、法的拘束力を持つ生物兵器禁止条約(BWC)議定書についての作業を再開し、米国をはじめとするBWC締約国のすべてに履行を義務付けることが、きわめて重要であると考える。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

抗MDA5抗体陽性間質性肺炎が激増しているという論文

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43263717

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Anunnaki | Alien Gods From Nibiru | Full Ancient Aliens Documentary

https://youtu.be/NQuP82c6jW0?si=-mprPazvPzqQ_pHV

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Ancient Aliens: Man Receives Alien Ear Implant (Special)

https://youtu.be/atOU9gLjCnk?si=gUYYxdBsyHJSB619

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Ancient Aliens: TOP 10 ALIEN ENCOUNTERS OF 2023 | PART 2

https://youtu.be/b-3RhyfYk58?si=isN0L2_-uRyMqf-c

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Ancient Aliens: TOP 10 ALIEN ENCOUNTERS OF 2022

https://youtu.be/zNZHTlRFD6E?si=PH_0znoG35xvxieW

カテゴリー: 未分類 | コメントする